ナンパに精を出している間に…

おっぱい漫画
11 /15 2017
11月も中旬、そろそろ更新を
北斗の拳・マミヤをシティーハンター・香に作り替えていたら
「カラーのエロ絵を漫画にはめ込む」というお遊び熱が再燃してしまったので
その産物の如何わしい組み換え絵で更新してみます。
新宿駅で見かけた美女を見境なく追いかける獠、というシーンからスタート
昔は何気に読んでましたがこれ警官が駆けつけてもおかしくないような
事件解決で見せるスーパーマン振りとの対比が面白いと分かっていつつも。
しかし獠の能力なら正攻法はもちろん力ずくで…というのも簡単そう
「あの能力で女を力ずく」…これだと最凶の悪役かも
ゴルゴ13はそういうマジ鬼畜展開をやってましたが
前置きが長くなりましたな。
171114-1.jpg
171114-2.jpg
171114-3.jpg
171114-4.jpg
171114-5.jpg
171114-6.jpg
171114-7.jpg
171114-8.jpg
171114-9.jpg
シティーハンター「香が一途過ぎ」「香にアプローチかける男いなさ過ぎ」
…私がNTR好きというだけでしょう
正統派の獠×香もやってみないとと思いつつ
気が付くとこういうモノを作ってしまう…。
スポンサーサイト

ゆらぎ荘の幽奈さん 8巻

おっぱい漫画
11 /03 2017
171103-1.jpg
表紙は一巻から登場の“荒覇吐呑子”(あらはばきのんこ)
”表紙はラブコメ要員に限る”というのは無いようで
次の9巻は巳虎神マトラあたり?
あとは夢咲春夢、轟紫音、仲居ちとせ…
この作品結構続きそうな感じですから2巡目もある?

8巻は電子書籍で購入、NTT西日本のポイントがあるな
有効期限が厳しめでポイントを貯めるというのが出来ない
何かで使ってしまわないと
コミックシーモア図書券くらいしかないな…
という流れです。

違法ダウンロードをやらなくても現金使わない方法は結構あるのでは?

書きたい事は書いてしまいましたが内容にも触れてみます
8巻は7巻から引き続きバトル展開
狭霧・雲雀の雨野従姉妹(こういう書き方は見ませんが、姉妹で良い?)対巳虎神マトラからスタート
何とかマトラに転送術をかける事には成功しますが
善戦もそこまで、今回の騒動の首謀者「緋扇かるら」の圧倒的な能力の前に
一行は全て囚われの身に
そしてかるらとコガラシの結婚式⇒支離式の儀が始まってしまう…

かるらの計画達成!では話になりませんが幽奈もコガラシ級の超人だったという展開に?
かるら様、当然悪人ではないという〆になりましたが
ここからかるら様大逆転とやったら読者の度肝を抜けそう
それは出来ないだろうな…

バトル展開終了、雪が薄っすらと積もる湯煙高校。
日常に戻りバトル展開だと蚊帳の外になってしまう千紗希メインの回
あとコガラシ奪回作戦に参加出来なかった朧、次は呑子とバランス良く
出番を確保しております。

>湯煙温泉郷は新宿から特急で一時間半ほど
「湯煙温泉郷」モデルは箱根近辺だろうか
ミウラ先生の前作恋染紅葉の舞台は鎌倉でした、ミウラ半島から箱根はちょっとありますが…
ともかく東京・横浜の喧騒から少し距離を置いたところに拠点がある?

丸々呑子先生回を入れた後
バレンタインデーで3連作
人気投票順なのか狭霧⇒千紗希⇒幽奈という展開です。
幽奈、実はコガラシたちの親世代というのもアリと思いますが
千紗希の母日和と何らかの接点が…というのはナシ?
いや7巻で出た生前の姿は黒髪だったから分からなかったでOKかも。

巻の〆♨70 幽奈 オン アイス
幽奈、狭霧、雲雀、こゆず、コガラシというメンツで
お気楽エロ回でした。

・ミウラ先生もある意味コガラシくん?
171103-2.jpg
バレンタイン狂騒曲③の扉絵、雑誌掲載時はカラー
フェミニストの抗議から物議を醸しました
…漫画、ムチャクチャな数が出ているので有難味が無くなっている気もしますが
このクオリティで一週間19ページ…
ネーム+セリフ、編集者と打ち合わせ、作画ノータッチでもあまりのんびりしてると
間に合わなくなるかも
そして今巻のカバーコメント
「台湾でサイン会」という話
変態漫画ファンの勝手な予想ですがミウラ先生の執筆スピードは「神」レベルでは…

「大手出版社の雑誌に載せてる人なら特別な事では無いのでは」
しかしToLOVEるダークネスの後釜「ド級編隊エグゼロス
もうすぐ終わりそうですが「クロスアカウント
この「ゆらぎ荘の幽奈さん」の域には達していないような…

週刊連載漫画で「文句無しに上手い!」となる
メチャクチャ筆が速い、あるいは往年の原哲夫先生みたく週2日徹夜で頑張る
コガラシくんまではいかなくてもプロスポーツのスター選手と同等かそれ以上の超人?

171103-3.jpg
狭霧、千紗希と違ってバトル展開に参加出来るので使いやすそう
雲雀を入れてウエイト分散という狙いもあった?
ちょっと強い敵だとやられてしまう
あと何回かこういうシーンがある?

晒し者にされるマミヤ

北斗の拳
10 /29 2017
10月も終わりなので一度更新します
北斗の拳・マミヤのエロ妄想俺得絵シリーズ
骨格部分は
死兆星マミヤの頭上に凶悪なる紋章!
南斗六星光る!!最期の炎!!
から変わっておらず差し替えバージョンという感じですが
上記のリンクを貼っておくのが目的の記事かも。
170703.jpg
170817.jpg
171011.jpg
退色加工ナシ
171010.jpg
最後のは映画「花と蛇」も元ネタだったりします。
大きい画像はこちらに上げております。
一から描いたのだと画力不足を指摘される身ですが
時々こういうモノを作りたくなってしまいます。
発作が起きないうちにオリジナルを…
ドラクエ11面白いな…
「売ってるゲーム・漫画より自分の描く絵が一番面白い」
私が甘ちゃんというのは置いておいて
その境地に達する人はごく僅か?

フォーリング・ダウン

1990年代洋画
10 /18 2017
・「保毛尾田保毛男」騒動を忘れないうちに
先月28日フジテレビのバラエティ番組でバブルの頃一世を風靡したキャラ「保毛尾田保毛男」が復活。
しかし一部から激しい非難の声が上がりフジテレビが謝罪に追い込まれました。
「如何にもゲイ」バラエティ番組で笑おうとするから問題なのだろうか?
そのうちドラマ・映画でもノンケがゲイ役をやるのはけしからんと言い出すかも?

バラエティ・ドラマ・映画含めて「同性愛ネタ」で当方が一番印象に残っているのが
映画「フォーリング・ダウン」の1シーンです

映画の中盤、靴を新調しようと払い下げ軍用品店に入ったD‐フェンス(マイケル・ダグラス)
店には先客二名、年は行っても30ちょいくらい?のイケメンマッチョの二人連れ、
D‐フェンスの姿を見た店主ニック(フレデリック・フォレスト)は
D‐フェンスに声を掛けます。
ブーツが欲しいというD‐フェンスにニックが商品説明。
商品説明の合間わざわざ聞こえるようにゲイを罵倒するニック

この「フォーリング・ダウン」1993年公開の作品、ゲイカップルを演じた俳優
今も健在であれば田亀源五郎先生の漫画に出てきそうなマッチョアラフィフになっているかも?
ゲイと判断したのは服装&金髪の方の仕草?
チョイ役ですが観客に「ソッチ系」と分からせる
何気にやってますがテクニックが要るかも。

ゲイを罵倒、英語で"faggots""queers"というのが
日本語だと「ホモ野郎」「オカマ野郎」に相当だろうか?
"pussies"というのもここでは“ナヨナヨした男”⇒オカマというニュアンス?
この映画では使っていませんが"queen"当然女王様…ゲイの女役という意味もあるそうで
伝説のロックバンドQUEENはそれも引っ掛けているとの事
この二人連れだと金髪の方が"queen"だろうか?
色んな単語があるものです。

・時代を感じるのは携帯電話が出てこないくらい?
以下内容にも触れてみます
うだるような暑さのロサンゼルス、渋滞のフリーウェイで車を乗り捨てた
D‐フェンス(マイケル・ダグラス)行く先々で騒動を起こしながら
前妻と子供の下へ向かう…
171018-1.jpg
D‐フェンス(マイケル・ダグラス)
当時アラフィフ、父は大スターのカーク・ダグラス
二世俳優の走りはこの人とジェーン・フォンダあたり…
それ以前になると二次大戦挟みますからそう言ってしまって差し支えない?
ユダヤ系でもあるそうで、そう言われるとヘッジファンドの帝王
ジョージ・ソロスにも似ている気がする(私だけでしょう)
二次大戦・ナチスのホロコースト、ユダヤ人というのは何で分かる?
顔立ちというのもあったのだろうか。
二世&ユダヤ系、映画「ウォール街」「ゲーム」なんか「いかにも」という雰囲気でした。
この「フォーリング・ダウン」それらと逆のリストラ労働者役ですが
こちらもハマっている気が、演技に貧乏経験は必要無かったりして…

171018-2.jpg
プレンダガスト刑事(ロバート・デュヴァル)
今日で退職というベテラン刑事
演じるは名優ロバート・デュヴァル
この映画「刑事プレンダガスト最後の事件」という見方も出来るかも。
デスクワーク専門で良く思っていない同僚・上司も少なくない模様
敏腕なのにデスクワーク専門で定年を迎えた理由は…
このあたりも病んだ現代アメリカを表現?

D‐フェンス、車を乗り捨てた後韓国人経営の雑貨店でバット
因縁をつけてきたチンピラを返り討ちにしてナイフ
逆恨みしたチンピラが自爆して銃火器多数ゲット…と所持する武器がトントン拍子で派手になっていきます。
D‐フェンスの素性は物語の進行と共に明かされていくスタイル(もうリストラ労働者と書きましたが)
リストラ労働者…トントン拍子に出世とはいかなかったようで。
なぜ出世?給料以外だと会社がヤバくなった時上にいた方が残りやすい、のもあるのでは?
アメリカの雇用、ロッキー2で「新しい者から辞めてもらう決まりなんだ」というのもありました。
ロッキー2もかなり昔の映画ですがアメリカの首切りルール、今はどうなっているのだろう。

チンピラの乱射、D‐フェンス自身もバーガーショップでサブマシンガンを
ぶっ放したのもあり警察も本腰入れて動く事に
冒頭紹介した払い下げ軍用品店でブーツを試着するD‐フェンス
丁度そこに女刑事サンドラが店を訪れる…

ここで店主ニックが警官の女性名詞が無いのは何故とサンドラに問い
"officer-ess"という造語を使います。
日本だと「婦警」という言葉もありますが
ニック、実際いたら日本の方が気に入ったりして
年行ってから日本語習得は厳しいとは思いますが

実際いたら…ニック役の俳優、演技では無くホントにこういうアブナイ人では?と思えてきます
それが演技が上手い証拠?だからこそ印象に残っているのかも。
「差別だ」と言われそうですがゲイ、何となく病的な感じが…それをよく表現出来ているような。
ちなみにこの映画の監督、ジョエル・シュマッカーはゲイであることを公にしているそうで。

欧米の映画界、音楽同様競争が熾烈すぎて「女にモテる」という根源の欲求を超越しないと
通用しないとか…いや、皆ゲイという訳ではありませんし
数日前のニュースで大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏が
パワハラ&セクハラで映画界追放というのもありました。
プロデューサーが女優を味見する障害減らすために監督にゲイの人を起用したがる…
というのは置いておいて今後セクハラ防止でプロデューサー・監督といったトップにゲイの人を
積極登用という展開も?それはそれでホモセクハラ発生…既にあるのでは?

映画に戻って「武器版わらしべ長者」はニックの店で入手した
M72ロケットランチャーがピークです。
D‐フェンス、これの使い方は分かりませんでしたが
チンピラの足を撃ち抜いたりニックを射殺、「銃は当たらぬ方が不思議」という言葉もあるそうですが
人間相手に躊躇なく引き金を引く、結構難しそう。
銃を使わなくてもバットでチンピラを撃退(チンピラが弱い?)、悪態ついているドライバーをパンチ一発でKO…
リストラ労働者にしては戦闘能力高過ぎ…というのは置いておいて
「貧乏だけど腕は立つ」日本人好みの主人公かも。

最後に映画公開から24年、日本だとアベノミクス、米国でも株価が高値更新を続けております。
もう時代にそぐわない…ホントに景気が良いなら何でトランプ大統領が誕生したのだろう?
この映画電話ボックスを銃で破壊するシーンがありますが
時代を感じるのはそれ位のような…そう思うのは私だけで古く感じる人が多い?

売却!?

自作
10 /07 2017
連日のブログ更新
4本目のオリジナルエロ漫画をアップしたので
リンクを貼る目的での記事です。
DLsiteとDMMに上げております

パートカラー漫画で
DLSiteの方は扉絵1P+カラー24P+モノクロ7P⇒計32ページ
DMMの方はカラー24P+モノクロ7P⇒計31ページ

DLSite 売却!?
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ210170.html

DMM 売却!?
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_118293/

pixiv ニジエ
(同じく宣伝ですがこちらの方が大きい画像アップ出来るので)

ブログなので以下雑文を書いてみます
DMMの方に先に上げて
扉絵風一枚絵を後から描いてDLSiteに上げたという流れです
171006 (1)
DLSiteの方は3か所ほど手直ししてみました
1か所まだ改善の余地があるかな?オカシイと言い出すと
キリが無くなる気も…
なぜこういう事を?最後の最後でパソコントラブルとかあると
ショックで寝込んでしまいそうなのでちょっとでも早く上げてしまいたいという
衝動を抑えられなかったもので。

次から逆にDLSite⇒DMMとした方が良いかな?
パソコンは結構タフだからそう簡単にはトラブらない
早く上げたい気持ちを抑えて差を付けるべきでは無い?
しかし扉絵は気持ちよく書けたな…一旦区切りが出来たから気が楽になったのかも。
全体的に気が乗らず脇道に逸れる事も多かったのですが
しばらくやっていると乗ってくる事も
…連載持ってる商業作家、徹夜するというのは締切が大きいだろうが
乗ってるうちにドンドン進めてしまうというのもあったりして。
イラストレーターさいとうなおき氏のツイートでそんなのがあったような。
171006 (2)
扉絵の鉛筆書きをスキャナで取り込んだモノ
当方オッパイに意識がいってしまうせいか下半身が貧弱になりがち
長身・細身でオッパイドカンというのが理想というのもあるが…
などなど考えながらパソコン&ペンタブで修正・清書・色塗り・背景という流れです。
パソコンであたり・下書きからという事も

当方アナログは鉛筆書きくらいしかやりませんが
上の下書き描いている時鉛筆走らせていて印象に残ったことを
集中力が続く、一区切りついたせいか?やっぱり紙に描くのとペンタブは違う?
他の作業風景見て思った事でもありますが
線画まではアナログでやった方が早いという人が多いのかも
ネットに繋いでないパソコンというのも少ないから
パソコンで描くとついネット閲覧というのも…私だけでは無い?

しかしネット閲覧、成程と思う事もあって
漫画のネーム作り、まずコマ割りは考えずどんどん書いていくという話が
自分なりにアレンジして一頁6等分したモノに一段階目のネームを書く
171006 (4)
これを基に二段階目ネームを作ってあたり~完成はパソコンでやっております
171006 (3)
本人以外は意味不明というメモ書きですが「まずコマ割りは考えない」確かにこれは良いかも。

当方は文章であらすじ⇒一段階目ネーム⇒二段階目ネーム⇒あたり・下書きからパソコン
(下書きまで鉛筆でやることあり)自分向け備忘録です。

面倒といってしまうとオシマイですが脇道に逸れる・ネット閲覧…
やっぱり面倒だから…
しかしメモ書きの状態から清書が完成した時の達成感とか喜びが無いというとウソになります。
脇道に逸れながらも描き続ける”画力以外にもシーンのつながりなどに課題がありそうですが
最初に書いたのに比べると大分マシになったような
あと色塗りにしてもこの辺りはちょっと描くだけで一杯一杯になってしまい
カラー漫画なんて考えられなかったが…
余程の天才でない限りとにかく数こなすのは必要なようで
素質が違うと思いますが村田雄介先生の漫画にもそういうセリフが
色々書きましたが結局は
「あまり休まず黙々と作業を進めていく」
というシンプルな結論になってしまう?

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。