ゆらぎ荘の幽奈さん 7巻

おっぱい漫画
09 /06 2017
170906.jpg
表紙は巻の中盤「♨57コガラシさんと誕生日」から登場の“緋扇かるら”
7巻の表紙は呑子さんで行くかなとも思いましたが
表紙はラブコメ要員というのかコガラシ争奪戦に参加するキャラで固める予定?
それとも特に決まりは無い?

7巻のお話は6巻の引きを受けて
占い師流禅の鑑定結果を聞くところから始まります

湯ノ花幽奈、幽霊になったのは16年前の秋頃との事
「これが生前の姿」というのは見れましたが詳しい事は分からないという結果に
「幽奈は何者?」はっきりしてしまうとお話も終わりでしょうから
流禅の再登場は連載終了間近?いやお気楽エピソードで出番があったりする?
16年前というと冬空コガラシが生まれたあたりでしょうか?
この辺りも話のカギになっていたりするかも。
死亡⇒即ゆらぎ荘の地縛霊だと宮崎千紗希の母日和と同世代?
幽奈、日和と何か接点があったりして?

・♨54短期バイトと千紗希さん
7巻の作中では年末年始
千紗希はクリスマスケーキ販売のアルバイトに
コガラシの事を考えているとホントにコガラシが目の前に…
アクシデント発生でコガラシ&千紗希が大活躍という展開に
バイト後のコガラシと千紗希の会話が良かったです。
「超人コガラシくんだと割の良い勤めに専念した方が
借金早く返せるのでは?」
といった野暮なツッコミへの回答という感も
「世の中金」ですがゴリゴリ前面に出てくるのは良くないですな
かといってキレイ事ばかりでも共感しにくいですし…
このバランス感覚もセンスの賜物?

バイトの後ゆらぎ荘でクリスマスパーティー
こゆずの変化の術ではなく「女将さん」のアイテムで
エロ展開に…〆は幽奈と千紗希
こういう描写の繰り返しでコガラシ争奪戦、
最後はこの二人に絞られるというのを暗示?
世界中を旅しているという設定の「女将さん」
そのうち登場するのだろうか。

ゆらぎ荘の年越えはコガラシ、幽奈、ちとせの3名に
真剣なムードになった後エロシーンで〆
一旦重くして…この漫画の基本スタイルかも

♨57コガラシさんと誕生日
年が明け1月13日がコガラシの誕生日という事で
千紗希+ゆらぎ荘の面々でサプライズ企画をやるという話に
呑子の提案でまずは水着で混浴
さあ宴会となった所で空から黒い羽根が…
ここから2巻以来のバトル展開です
「緋扇かるら」と「巳虎神マトラ」がゆらぎ荘の面々の前に立ち塞がり…
この一行大層な口上に見合う実力の持ち主で
不意を突いてかるらのお付きの雀が葉札でコガラシを「コケシ」に変えて無力化
そしてマトラが狭霧はもちろん朧・呑子も一蹴
かるらはコケシになったコガラシを持って京都へ瞬間移動…
幽奈が思わぬ力を発揮しますがかるらはあっさり幽奈たちの攻撃を防いで
京都に戻ってしまいます。
かるらのセリフ・雰囲気からコガラシに拷問を…
エロラブコメだから男の拷問シーンなんてある訳ないのだが…
「大丈夫だろうけどひょっとしたら」という演出が必要だから
誤解を招くセリフはやむを得ない?

この巻はジャンプ17年23号まで収録、夜々(猫神)の大活躍までです
現在40号ですから単行本一冊のストックはあるという事に
かるらは時々登場してコガラシとバイト仲間にという展開になっておりますが
マトラは全く出番が無いような、こちらまでラブコメ要員にするのも…
あと武闘派すぎて出しにくい?ゆらぎ荘でのバトル、満月をアピールしてましたから
満月で最強、新月だと一般人並みに力が落ちるという狼男チックな設定もありそう。
それを突かれて苦境に…みたいなバトル展開で再登場?

「作中の時間も進行」本誌ではコガラシたちは進級で高二、夜々はJCからJKに
併せて轟紫音なる下級生キャラも登場
ToLOVEるは高二で作中の時間経過が止まりましたが…
ゆらぎ荘の空き部屋、かるらとマトラで埋めると見ておりましたが
まだ早いか?

・単行本未収録の話になってきましたが
170906-.jpg
4巻に登場のメカクレ女教師、新学年を機に再登場
「夢咲春夢」というそうで
170906-1.jpg
サキュバスの能力を持っており誅魔忍のアイテム必須という設定
ToLOVEるもそうでしたがキン肉マン北斗の拳みたいな露骨な矛盾・後付け設定というのは
見当たらない気も、実は話の要求も上がっている?

41号78話は夢咲先生の家庭訪問でエロハプニングとか?
ゆらぎ荘に入居はかるら・マトラでは無く夢咲先生の方が…
オッパイも良いですがこういう予想が楽しかったりするのかも
成年まで行かないエロ漫画の魅力と思います。

170906-2.jpg
人気投票3位だった雨野狭霧、幽奈・千紗希の2トップというのが
はっきりしてきましたしキャラも増加、今後は影も薄くなってくる?
これはこちらでは使ってなかったかな…と思ったので上げてみます。
スポンサーサイト

前の男を思い出すマミヤ その二

北斗の拳
08 /27 2017
8月も終わりに近づいておりますので一度更新
7月頭に上げた前の男を思い出すマミヤの別バージョンです
シティーハンター・香の方を先に作ったので髪型を変えてマミヤに変更

原作だとこの辺りだろうか

170818.jpg
170818-2.jpg
もう一つ
170823.jpg
170824.jpg
退色処理ナシ
170824-.jpg
マミヤ、実はユダという男が…ではなくラオウと絡むという話も考えていたでしょうが
それはそれでエロ妄想を誘う展開になりそうな。

雑文を書いて〆ます
エロ絵師&漫画家、数多いとはいえ
当方のストライクゾーンど真ん中を突いてくる人が殆どいない…
何か体が太ましい、体はどストライクだけどお顔がちょっと…という感じで
如何わしい行為ですがエロ漫画買うよりこういうのを作って
見返す方がオカズになってしまう…
困ったモノです。
漫画全巻ドットコム

マッドマックス 怒りのデスロード

2010年代洋画
08 /15 2017
170815.jpg
四半世紀以上の時を超えて復活
正直やめておいた方が…しかし実写映画は俳優の力というのもあるのだろうか?
と思ってしまいました。
メル・ギブソン続投ならアウトだったかも…

・宮崎駿監督の格言を超えてきた?
たまには近年の作品をということで
いきなり脱線ですが宮崎駿監督の「風立ちぬ」で
最も印象に残ったセリフ
“創造的な人生の持ち時間は10年だ。”
引退会見でも“この持ち時間は大分前に使い切ってしまった”という話も
どんな天才でも全盛期と衰えがありそこから逃れる事は出来ない?

・「27年ぶりの第4弾」これだけでアウトと思いますが…

劇場公開は2015年ですが撮影は2012年との事
前作マッドマックス/サンダードームが1985年ですから
27年ぶりの第4弾ということに

当方が懐古厨になったのは2本の戦争映画
「戦場にかける橋」「大脱走」どちらもかなり年月を置いて「2」がありまして
「2」を見て“あまり面白くない”
しかし何かの拍子で昔のオリジナルを見て
「これは良かった」というのが大きかったような。
ここまで遡らなくてもインディ・ジョーンズ一本を挙げれば充分かも。

・評判は良いが…うん、面白い
「マッドマックス 怒りのデスロード」懐古厨をこじらせるかもと思っておりましたが
面白かったです。
話は至ってシンプルですしあちこちで粗筋は読めますのでここでは詳しく書きません
170815-5.jpg
オープニングタイトル
昔テレビで見たスティーブ・マックィーンの話を思い出しました
画面の左上に名前があるのが格上との事
シャーリーズ・セロン⇒フィリオサ大隊長の反乱に流れ者マックス⇒トム・ハーディーが
絡んでいくという筋、このクレジット表記は良いと思いました。
170815-2.jpg
主演のトム・ハーディーとシャーリーズ・セロン
この映画の成功、カーアクションの見せ方・迫力もありますが主演の魅力も大きい?
170815-6.jpg
マッドマックス/サンダードームの頃にデビュー
90年代にお馴染みになったグロックピストル
銃の顔ぶれから2000年前後に世界崩壊という設定だろうか?
170815-1.jpg
ウォーボーイ・ニュークス、演じるはニコラス・ホルト
ジャックと天空の巨人では主演
17815-4.jpg
元がコレなので美女とイイ感じになるのも納得?

それにしても四半世紀以上間隔を空けてこの迫力
北斗の拳」の始祖はハンパでは無い?
“創造的な人生の持ち時間は10年だ。”当てはまらない人もいる?
170815-3.jpg
追手の武器将軍一行を単身で撃破したマックス
ここの描写は七人の侍あたりを参考にしていたりして
ワンパンマンのゴウケツの最期はこの映画を参考にしたとか?
パワーが無い凡庸作家だと「ここが見たいんだよ」と突っ込まれてしまうかも。

・東日本は長雨との話ですが
最後にこの映画の暑く乾いた世界
今の温暖化、行きつく先はこういう世界かなあと思ってしまいます
そこはかとなく漂う現実感も魅力なのかもしれません。
今日は終戦(敗戦)記念日、平和にモノ作りと言ってもそれが温暖化を加速させているのもありそうですし
この映画では核戦争という設定ですが原発事故でもアメリカ、中韓、ロシア、フランス
大事故を起こした日本、世界中に原子炉はありますし
環境悪化が先か戦争が先かなのかも…
サム・ペキンパー監督ではありませんが自動車は管理社会の象徴
この映画のように派手に車を走らせるのが可能であれば社会秩序は保たれているかも
もし環境悪化・大戦争で社会秩序崩壊となると
この映画の方がマシという世界になったりして…

やることやってる香ちゃん

おっぱい漫画
08 /01 2017
月が替わったので一度更新します
あれ?PIXIVのブログパーツが無くなったのか…
削除の方法は…分からないからテンプレートを変えてしまいました。
今回はシティーハンターの如何わしい組み換え画像です
170701.jpg
例によって香は北斗の拳のマミヤです
このシーンは何巻からか当ててみるのも面白いかも
絵柄から終盤というのは分かると思いますが

しかし弟の夫の記事の後にこういう如何わしいエロ画像で更新
こういう如何わしいのを描くならワンパンマンToLOVEる、もっと言うと流行りのスマホゲーを題材にした方が良いのでしょうが…
当方のゲイネタ好き、ゲイではなくマイノリティつながりで親近感を感じている?と自己分析しております。
最後のコマはこちらにも上げております(最初の2頁は北斗の拳のマミヤ)
アラカルト訴求

弟の夫 4巻

田亀源五郎
07 /28 2017
・月が替わらないうちに書いておくという記事です。
170728.jpg
15日に弟の夫 4巻を購入
3巻での後書き通り4巻で完結でした。

カバー絵は4冊ともマイク、夏菜、弥一の3ショット。
女絵で漫画家を評価する変態漫画ファンなのに「弟の夫」を購入
弟の夫の紹介記事から「田亀源五郎」の名前を検索して
「この日本にこういう方がいたのか…まだこの世界は完全に管理されている訳では無い?」
と嬉しくなったというのもありまして。
あとはアメリカ映画、やたらにゲイネタが多いような
特に印象に残っているのは映画フォーリング・ダウンのネオナチ親父です。
そういうアメリカ映画を見ているうちに“誰それはゲイ”という話が好きになってしまいまして。

…かつて大ブレイクした芸人レイザーラモンHGのネタで
「僕のガソリンはフレディ・マーキュリーのブロマイド」
「音楽はクイーンしか聞かない」
当方はネタではなくほぼそういう状態だったりする…

私はホントにノンケなのだろうか?

ともかく弟の夫 4巻の内容の方に
3巻の引きを受け継ぎ弥一が留守番電話を聞いているシーンからスタート
マイクが日本に来た目的とは?
そしてラストへ、という流れです。

ゲイ雑誌みたいなのはムリにしても青年誌だし
男同士のラブシーンはあるのか?
弥一と夏樹が別れたのも伏線になっているのでは?
そもそも弥一と涼二は一卵性双生児だし…

最終盤の弥一のモノローグが良かったです
やたら将来の不安を煽るマスコミへのアンチテーゼになっているような
薔薇族の創刊者伊藤文學氏と田亀源五郎先生の対談で気になったのが
「~さん、もう亡くなったけど」というセリフが多かった事
仕事仲間で早世する方が多いから思うところがあった?
「永遠に生きる事は出来ない」これは性的嗜好はもちろん貧富も名声も美醜も関係なく
皆同じな訳ですが…
しかし凡人は長生きする可能性が高いので結局マスコミの論調に従って
しっかり働いてしっかり預金とやるのが一番かも。

あまり詳しく書かない方が良い作品と思うので
内容に触れるのはこれ位にしておきます。

この作品で扱っていた同性婚
保守派議員風に同性婚にダメ出しをする…
私は説得力のある理由が思い浮かばないです。
「汚らわしい」「気持ち悪い」では理由になりませんし
エイズ等の蔓延を気にするなら同性婚を認めた方が良いような
自治体単位でパートナーシップ制度なども出てきておりますが
日本は少子高齢化の加速といった国全体への影響を気にしている?
しかし現状でも少子高齢化してしまっておりますし
今の少子高齢化、明治以降の人口の増え方が異常でその反動という捉え方もあるのでは?

最後に作画の話で
作画のアシスタントは田亀先生のパートナーの方が消しゴムかけをするのみという事です。
そして月刊連載に併せてゲイポルノ漫画の執筆も続けていた模様
加えて海外での展示会など漫画の執筆以外の活動も目立ちます。
ツイッターで「弟の夫」が終わったらゲイポルノ漫画を描くのか?と問われ
ゲイポルノ漫画も描いてるとムッとしたというツイートがありました。
「月刊連載してる訳だから…」という凡人の思い込みで悪気は無いと思いますが。
しかしほぼ一人でこの手数を出せる…
田亀先生、ゲイじゃなかったら「~の秋本治」という感じになっていたかも(こういうのが差別?)
それとも創作意欲が続かなかっただろうか?

秋本治…ジャンプつながりでジャングルの王者ターちゃんから
サブミッション(関節技)と雑誌「さぶ」を引っ掛けたギャグが印象に残っております
初見では意味が分からなかったのですが
当時のジャンプ作家、マッチョ男を描くのにゲイ雑誌を参考にしている人もいた?
バブル崩壊前後、インターネットは置いておいてカメラもフィルムですし
適当に書きましたが意外とホントだったりして。

ゲイじゃなかったら…海外の著名人から
フレディ・マーキュリー、リッキー・マーティン、近年だとサム・スミスなど欧米の人気ミュージシャン
ヘテロなら聖闘士星矢よろしく100人子供が出来てさあ大変となるかも
世の中こういう感じでバランスを取っていて
経済のための少子化対策や規律強化とかの名目でゲイを排除するのは間違いなのでは?
という一文を書いて〆たいと思います。
アラカルト訴求

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。