売却!?

自作
10 /07 2017
連日のブログ更新
4本目のオリジナルエロ漫画をアップしたので
リンクを貼る目的での記事です。
DLsiteとDMMに上げております

パートカラー漫画で
DLSiteの方は扉絵1P+カラー24P+モノクロ7P⇒計32ページ
DMMの方はカラー24P+モノクロ7P⇒計31ページ

DLSite 売却!?
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ210170.html

DMM 売却!?
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_118293/

pixiv ニジエ
(同じく宣伝ですがこちらの方が大きい画像アップ出来るので)

ブログなので以下雑文を書いてみます
DMMの方に先に上げて
扉絵風一枚絵を後から描いてDLSiteに上げたという流れです
171006 (1)
DLSiteの方は3か所ほど手直ししてみました
1か所まだ改善の余地があるかな?オカシイと言い出すと
キリが無くなる気も…
なぜこういう事を?最後の最後でパソコントラブルとかあると
ショックで寝込んでしまいそうなのでちょっとでも早く上げてしまいたいという
衝動を抑えられなかったもので。

次から逆にDLSite⇒DMMとした方が良いかな?
パソコンは結構タフだからそう簡単にはトラブらない
早く上げたい気持ちを抑えて差を付けるべきでは無い?
しかし扉絵は気持ちよく書けたな…一旦区切りが出来たから気が楽になったのかも。
全体的に気が乗らず脇道に逸れる事も多かったのですが
しばらくやっていると乗ってくる事も
…連載持ってる商業作家、徹夜するというのは締切が大きいだろうが
乗ってるうちにドンドン進めてしまうというのもあったりして。
イラストレーターさいとうなおき氏のツイートでそんなのがあったような。
171006 (2)
扉絵の鉛筆書きをスキャナで取り込んだモノ
当方オッパイに意識がいってしまうせいか下半身が貧弱になりがち
長身・細身でオッパイドカンというのが理想というのもあるが…
などなど考えながらパソコン&ペンタブで修正・清書・色塗り・背景という流れです。
パソコンであたり・下書きからという事も

当方アナログは鉛筆書きくらいしかやりませんが
上の下書き描いている時鉛筆走らせていて印象に残ったことを
集中力が続く、一区切りついたせいか?やっぱり紙に描くのとペンタブは違う?
他の作業風景見て思った事でもありますが
線画まではアナログでやった方が早いという人が多いのかも
ネットに繋いでないパソコンというのも少ないから
パソコンで描くとついネット閲覧というのも…私だけでは無い?

しかしネット閲覧、成程と思う事もあって
漫画のネーム作り、まずコマ割りは考えずどんどん書いていくという話が
自分なりにアレンジして一頁6等分したモノに一段階目のネームを書く
171006 (4)
これを基に二段階目ネームを作ってあたり~完成はパソコンでやっております
171006 (3)
本人以外は意味不明というメモ書きですが「まずコマ割りは考えない」確かにこれは良いかも。

当方は文章であらすじ⇒一段階目ネーム⇒二段階目ネーム⇒あたり・下書きからパソコン
(下書きまで鉛筆でやることあり)自分向け備忘録です。

面倒といってしまうとオシマイですが脇道に逸れる・ネット閲覧…
やっぱり面倒だから…
しかしメモ書きの状態から清書が完成した時の達成感とか喜びが無いというとウソになります。
脇道に逸れながらも描き続ける”画力以外にもシーンのつながりなどに課題がありそうですが
最初に書いたのに比べると大分マシになったような
あと色塗りにしてもこの辺りはちょっと描くだけで一杯一杯になってしまい
カラー漫画なんて考えられなかったが…
余程の天才でない限りとにかく数こなすのは必要なようで
素質が違うと思いますが村田雄介先生の漫画にもそういうセリフが
色々書きましたが結局は
「あまり休まず黙々と作業を進めていく」
というシンプルな結論になってしまう?
スポンサーサイト

恋ひ結び奇譚 ホムンクルス 快楽天2017年11月号

おっぱい漫画
10 /06 2017
・東京五輪前にサード単行本は出る
17-10-5-1.jpg
表紙もホムンクルス先生
タイトルは「恋ひ結び奇譚」
表紙+モノクロ26ページ+巻末カラー漫画1ページとボリューム多めです。
セカンド単行本レンアイサンプル以降15ページ以上の作品は
17年6月号、その前は17年2月号16年9月号16年5月号
4ないし5ヶ月間隔に一本というペースで発表、単行本に9ないし10本収録で折り返し点というところか?
5ヶ月間隔に一本で5本だと25ヶ月
10本揃って単行本は2020年の春先くらいか?9本で2019年中、8本なら2019年序盤
単行本、通常の半分くらいの厚さで出す⇒もう発行でも良い気もしますが
雑誌を買っておくしかなさそうです。
しかしジャンプ・マガジンといった一般誌掲載作品のように半年に一冊は単行本が出るというのだと
雑誌を買わなくなりそうなのでこれはこれで効果的なのかもしれません。
漫画を読みたくて漫画雑誌を買う
当たり前の話のようですが当方の場合ホムンクルス先生登場時の快楽天だけというのに気付いてしまいました。
単行本未収録ということでTo LOVEる番外編掲載のジャンプSQを買ったりもしておりますが。

・大体書きたい事は書いてしまいましたが
恋ひ結び奇譚&快楽天2017年11月号内容にも触れてみたいと思います。
今回のヒロインは優等生JK倉賀野弥生(くらがのやよい)竿はクラスメイトの常盤太一
17-10-5-2.jpg
オッパイ見たい方は雑誌or電子書籍の方でお願いします。

読んだ感想はCカップくらいでしょうか?
体型含めたルックス、そしてキャラクター、アマガミの絢辻詞を連想したりしました。
アマガミのアンソロジーコミックにホムンクルス先生の短編が掲載されておりますし実際意識していたりして

今回の倉賀野弥生は美乳キャラ「ムネは物足りんが」というセリフはありますが“これ位は無いと寂しい”という
ラインはクリアしているような。
セカンド単行本の後だとEカップ以上の巨乳2:Cカップ程度の美乳1という割合でしょうか。
美巨乳がいいけどそればかりでも飽きる、といってもペタンコは物足りないし…
ホムンクルス先生、Bカップ以下のロリキャラメインというのは今まで一本もありません。
美巨乳といってもあまり大きいと不自然だし気持ち悪い
今までで最大オッパイはレンアイサンプル収録の
“なつのけもの・レンアイサンプル※ロリも登場・沈黙姫”あたりでしょうか
菜乃花という巨乳グラドルがIカップとのことですがそれを参考にすると“K点越え”の超乳もナシ

ヒロインの年齢もJC以下というのは一回も無かったような
上ははじらいブレイク収録のミルクの時間あたりでしょうか?
子持ちとはいえ20代中盤くらいのイメージなのでは。

シチュエーションも拉致・監禁・レイプといった犯罪はもちろん不倫といった背徳要素も
ほぼナシ、従兄妹のカップル、女子高校生が実は結婚していた…合法です。

ずば抜けた画力+漫画力を活かす
「奇を狙わない正攻法のエロ漫画」が一番だったりして
一般誌でも「絵が上手いラブコメ」は受ける事が多い気がしますし
成年漫画といってもホムンクルス先生の作品なら
設定でも小学生のロリヌードが頻出するToLOVEるダークネス
かなり時代を遡りますが残虐な殺しが頻出する北斗の拳ブラックエンジェルズ、あとはヤング・ビジネスジャンプといった青年誌のバイオレンスもの(近年は描写が控えめになった気がします)そういう作品群の方がアブノーマルかも…と思ったりもします。

「奇を狙わない正攻法のエロ漫画」言うほど簡単ではなく
ジャンプ等一般誌連載経験作家でも絵が矢吹健太朗ミウラタダヒロ級じゃないと
「ありがち」「インパクトがない」「もっと性癖を前面に押し出すべき」等々で
快楽天掲載まで至らなかったりして…

ホムンクルス先生ばかりも何なので他にも触れてみます
17-10-5-4.jpg
石川シスケ先生の一本不満足、バイト先の同僚大学生に輪姦チックにヤラれて…という展開
シチュがストライクです。“性癖を前面に出す”のに成功しているような。
離婚・逮捕等トラブル必至の展開も漫画ならではの魅力では。
17-10-5-3.jpg
きづかかずき先生のセックスオフザビーチ
「これ以上大きいとアウトかも」のオッパイが良かったです。

あと非エロですが櫻井エネルギー先生の作品が載ってなかったので
ちょっと物足りなかったです。
「目当ての作家以外にも気になる人が出てくる」
雑誌発行はそういうのを期待している?
当方も斜めに見ているようでしっかり狙い通りになっております。

シティーハンターのすべて

一般
09 /24 2017
北九州市漫画ミュージアムの「シティーハンターのすべて」展
本日までだったので行ってきました。

展示はシティーハンターの生原稿がメインで
一部キャッツアイエンジェルハート・アニメ設定画・セル画など
展示順はシティーハンター・冴羽獠につながるキャッツアイのキャラクター
「ねずみ」登場~キャッツアイの連載中に描かれた読切~シティーハンター
~エンジェルハート・アニメ関連という流れでした。

開催に先立って行われたベストエピソード投票一位・二位を丸ごと展示
当方「7巻のあのシーンで投票するのは軽いな、やっぱり終盤のあのシーンで…」
などと考えているうちに投票出来なかったのですが
一位はJC32巻収録第300話「おまえへの…」でした
170924.jpg
ここの香の表情が良すぎる
しかし「この時点まで香にアプローチする男がいないのは不自然
という感想もさらに強くなったのを覚えております。

二位はJC27巻収録第249話「都会のシンデレラ‼(後編)」
170924-.jpg
アニメはこのエピソードで〆だった記憶が
この後海坊主(ファルコン)、海原と真剣勝負ごとに作品のパワーがガクンと下がっていった
印象があります(当方感想)、絵は相変わらず素晴らしかったのですが。
23巻のブラッディ・マリィーで話を終わらせる事も考えたというのを読んだ事があります。
海坊主に獠の殺しを依頼するソニア、そして海原、そう言われるとブラッディ・マリィーに纏めるのも
出来たような…実際海原との対決、マリィーも再登場しますし。
絵&内容でこの辺りがシティーハンターのピークだった?

・何気に読んでいましたが…
北条司先生の生原稿を見るのは二回目ですが良い意味で
「ホントに人が描いているのだろうか」
という位原稿がキレイです。
ホワイトはチョコチョコありますが
下絵の跡が全然ありません
ホワイトの修正にしても微調整程度で
原哲夫先生みたいにゴッソリ書き直しというのが見当たらない…
あの絵でソロで週刊連載、修正多いと寝ずに描いても
間に合わなくなりそうです
「所詮漫画」と言われる事もありますが
ソロ+アナログ作画であの原稿を要求されたら漫画雑誌が激減するかも…

・参考にしたい⇒出来栄えはともかく休まず手を動かせというシンプルな話になる?
今年2月作成の熊本国際漫画祭用イラストの作成動画を流していたので
じっくり見てしまいました
色塗りまでアナログです。
シャーペンで下書き⇒ペン入れ⇒彩色とオーソドックスな工程
昔読んだイラスト集の頃から作業内容自体は大きく変わっていない模様
秋本治先生みたくあたり程度の下書きでペン入れ…ではなく
ネット時代の今「無名絵師だとしてもネタ・タイミング次第では結構反響あるかも?」
という位下書きを仕上げてから、という感じでした。
迷い線は少なく手早く描いていきますが
ペン入れ、秋本先生みたく一気に引いてあの線を…という訳にはいかないようで
細かくペンを進めていきます。
結構時間がかかりそう、しかし原稿の仕上がりを見ても修正・後戻り作業が殆ど無い感じなので
スピードでは同じくジャンプ劇画系の雄でコミックゼノンの看板原哲夫先生を凌駕しているのかも?

“秋本先生みたく一気に引いてあの線を…という訳にはいかない”
あの劇画チック・繊細な絵で連載をこなす
「あまり休まず黙々と作業を進めていく」というシンプル極まりない話なのかも?

“あまり休まず黙々と作業を進めていく”成年漫画、ゲームのアンソロジーコミック等で
凄く絵が上手い人もいたりしますが話・ネタといった漫画の内容は置いておいて
酒・ギャンブルのダメ親父が身を持ち崩す定番ネタも置いておいて
漫画・アニメ、何といってもゲーム、そしてネット・SNS、それほどお金を使わず
時間を使ってしまう題材には事欠かない時代
“あまり休まず黙々と作業を進めていく”画力があってもこれがクリア出来ないという人も少なくない?

あと修正は少なそうですが村田雄介先生同様コピー機大活躍という感じでした。
絵の全体感を掴みたいのか前工程のコピーをヨゴレ防止の当て紙にしている模様

絵は当方の拙作ですがどんな感じかというと…
170924-1.jpg
線画完成
170924-2.jpg
左手の女から塗る場合
普通に紙を切るのではなく線画のコピーを切り抜いてヨゴレ防止に使っている模様
170924-3.jpg
切り抜いた紙を当てて塗っていく
“前工程のコピーを切り抜きヨゴレ防止”
集合画の時で2人くらいならこういう事はしないかもしれませんが

しかしデジタルだとパソコン+ソフト+周辺機器
アナログにしてもB4以上が刷れるコピー機など
しっかり費用がかかっていそう
コピックカラーインクも安いモノではありませんし
昔のこち亀のセリフで漫画、紙と鉛筆だけで100万円というセリフがありましたが
ホントに紙と鉛筆しか用意出来ないという人だと
文章のみで人を惹き付けるくらいじゃないと頭角を現すのは難しいかも…

・才能があるから学校の勉強がイマイチだった?
北九州発という事でローカルネタを
北条司先生、学校の方は九州工業高校(現:真颯館高校)を経て
九州産業大学卒という学歴です。
学校の名前、超進学校か甲子園常連校じゃなければ地元の人間以外ピンと来ないと思いますが
高校・大学共に正直言うと勉強の方はパッとしない学校です。
真颯館高校(旧:九州工業)大方の工業高校のイメージ通りで問題無いと思います。
大分落ち着いて来たようですが昔は隣県山口まで悪名が届いておりました。
芸術家肌だとヤンキー高校は辛かったかも?
イラスト集では「中高時代はみっちりは描いていない」とおっしゃっておりましたが。
しかし面白いと思ったのが北条司先生と井上雄彦先生の対談、シティーハンターの読切執筆のエピソード
週刊連載の合間に読切を描くというムチャクチャな話なのですが
「週一日空き時間を作ってそれで読切を描いていく…」というシンプルかつムチャな話をしておりました。
ムチャと思いますが実際描けてしまっておりますし…
「週刊連載の合間に読切を描く、なおかつ読切の評価が名手が集うジャンプ作家の中で一位になる」
この打ち込み方で勉強すればどんなに筋の悪い子でも上智…いや慶応大学は堅いのでは…
エジソン等と同様ある方面での才能がありすぎて学校の勉強は出来ないというパターン?
ダラダラネット閲覧で印象に残ったフレーズ(まずこれを止めないと)
漫画家を雇う基準、集英社は才能、講談社は努力
才能ある作家が集う集英社・ジャンプで画が上手い部類に入りソロで大ヒットを飛ばす
ソロで大ヒット、こういう表現はどうかと思いますが
北条司先生より上というともう鳥山明・井上雄彦・尾田栄一郎先生しかいないのでは?
ともかく何百万人に一人か何十年に一度の人物
零細ブログ+懐かし漫画ネタなので中学生以下の目には触れないと思いますが
「漫画家になるから勉強しなくていい」ではなく
「集英社の編集におれはなる!」
という感じでお勉強した方が良いだろうな
と正論を書いて〆てみます。
170924-4.jpg
チラシ&入館チケット&ポストカードはこのイラストを加工したモノでした
北条先生のカラー原稿、原稿というより芸術品でした。
「買いたい」という人は少なくないのでは…北条先生が良く使うカラーインクは光に弱いので保管に注意が必要
実際少し退色している?というのもあるような無いような…
絵の管理の心得が無い人が買うのはもったいないかも、まあ売りに出る事は無いでしょうが…

ゆらぎ荘の幽奈さん 7巻

おっぱい漫画
09 /06 2017
170906.jpg
表紙は巻の中盤「♨57コガラシさんと誕生日」から登場の“緋扇かるら”
7巻の表紙は呑子さんで行くかなとも思いましたが
表紙はラブコメ要員というのかコガラシ争奪戦に参加するキャラで固める予定?
それとも特に決まりは無い?

7巻のお話は6巻の引きを受けて
占い師流禅の鑑定結果を聞くところから始まります

湯ノ花幽奈、幽霊になったのは16年前の秋頃との事
「これが生前の姿」というのは見れましたが詳しい事は分からないという結果に
「幽奈は何者?」はっきりしてしまうとお話も終わりでしょうから
流禅の再登場は連載終了間近?いやお気楽エピソードで出番があったりする?
16年前というと冬空コガラシが生まれたあたりでしょうか?
この辺りも話のカギになっていたりするかも。
死亡⇒即ゆらぎ荘の地縛霊だと宮崎千紗希の母日和と同世代?
幽奈、日和と何か接点があったりして?

・♨54短期バイトと千紗希さん
7巻の作中では年末年始
千紗希はクリスマスケーキ販売のアルバイトに
コガラシの事を考えているとホントにコガラシが目の前に…
アクシデント発生でコガラシ&千紗希が大活躍という展開に
バイト後のコガラシと千紗希の会話が良かったです。
「超人コガラシくんだと割の良い勤めに専念した方が
借金早く返せるのでは?」
といった野暮なツッコミへの回答という感も
「世の中金」ですがゴリゴリ前面に出てくるのは良くないですな
かといってキレイ事ばかりでも共感しにくいですし…
このバランス感覚もセンスの賜物?

バイトの後ゆらぎ荘でクリスマスパーティー
こゆずの変化の術ではなく「女将さん」のアイテムで
エロ展開に…〆は幽奈と千紗希
こういう描写の繰り返しでコガラシ争奪戦、
最後はこの二人に絞られるというのを暗示?
世界中を旅しているという設定の「女将さん」
そのうち登場するのだろうか。

ゆらぎ荘の年越えはコガラシ、幽奈、ちとせの3名に
真剣なムードになった後エロシーンで〆
一旦重くして…この漫画の基本スタイルかも

♨57コガラシさんと誕生日
年が明け1月13日がコガラシの誕生日という事で
千紗希+ゆらぎ荘の面々でサプライズ企画をやるという話に
呑子の提案でまずは水着で混浴
さあ宴会となった所で空から黒い羽根が…
ここから2巻以来のバトル展開です
「緋扇かるら」と「巳虎神マトラ」がゆらぎ荘の面々の前に立ち塞がり…
この一行大層な口上に見合う実力の持ち主で
不意を突いてかるらのお付きの雀が葉札でコガラシを「コケシ」に変えて無力化
そしてマトラが狭霧はもちろん朧・呑子も一蹴
かるらはコケシになったコガラシを持って京都へ瞬間移動…
幽奈が思わぬ力を発揮しますがかるらはあっさり幽奈たちの攻撃を防いで
京都に戻ってしまいます。
かるらのセリフ・雰囲気からコガラシに拷問を…
エロラブコメだから男の拷問シーンなんてある訳ないのだが…
「大丈夫だろうけどひょっとしたら」という演出が必要だから
誤解を招くセリフはやむを得ない?

この巻はジャンプ17年23号まで収録、夜々(猫神)の大活躍までです
現在40号ですから単行本一冊のストックはあるという事に
かるらは時々登場してコガラシとバイト仲間にという展開になっておりますが
マトラは全く出番が無いような、こちらまでラブコメ要員にするのも…
あと武闘派すぎて出しにくい?ゆらぎ荘でのバトル、満月をアピールしてましたから
満月で最強、新月だと一般人並みに力が落ちるという狼男チックな設定もありそう。
それを突かれて苦境に…みたいなバトル展開で再登場?

「作中の時間も進行」本誌ではコガラシたちは進級で高二、夜々はJCからJKに
併せて轟紫音なる下級生キャラも登場
ToLOVEるは高二で作中の時間経過が止まりましたが…
ゆらぎ荘の空き部屋、かるらとマトラで埋めると見ておりましたが
まだ早いか?

・単行本未収録の話になってきましたが
170906-.jpg
4巻に登場のメカクレ女教師、新学年を機に再登場
「夢咲春夢」というそうで
170906-1.jpg
サキュバスの能力を持っており誅魔忍のアイテム必須という設定
ToLOVEるもそうでしたがキン肉マン北斗の拳みたいな露骨な矛盾・後付け設定というのは
見当たらない気も、実は話の要求も上がっている?

41号78話は夢咲先生の家庭訪問でエロハプニングとか?
ゆらぎ荘に入居はかるら・マトラでは無く夢咲先生の方が…
オッパイも良いですがこういう予想が楽しかったりするのかも
成年まで行かないエロ漫画の魅力と思います。

170906-2.jpg
人気投票3位だった雨野狭霧、幽奈・千紗希の2トップというのが
はっきりしてきましたしキャラも増加、今後は影も薄くなってくる?
これはこちらでは使ってなかったかな…と思ったので上げてみます。

前の男を思い出すマミヤ その二

北斗の拳
08 /27 2017
8月も終わりに近づいておりますので一度更新
7月頭に上げた前の男を思い出すマミヤの別バージョンです
シティーハンター・香の方を先に作ったので髪型を変えてマミヤに変更

原作だとこの辺りだろうか

170818.jpg
170818-2.jpg
もう一つ
170823.jpg
170824.jpg
退色処理ナシ
170824-.jpg
マミヤ、実はユダという男が…ではなくラオウと絡むという話も考えていたでしょうが
それはそれでエロ妄想を誘う展開になりそうな。

雑文を書いて〆ます
エロ絵師&漫画家、数多いとはいえ
当方のストライクゾーンど真ん中を突いてくる人が殆どいない…
何か体が太ましい、体はどストライクだけどお顔がちょっと…という感じで
如何わしい行為ですがエロ漫画買うよりこういうのを作って
見返す方がオカズになってしまう…
困ったモノです。
漫画全巻ドットコム

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。