ブラックティガー

こちら葛飾区亀有公園前派出所
02 /01 2017
・昨年末に出た雑誌ですが
エロ妄想俺得絵は一休みしてスキャン画像で記事を書きます
秋本治先生の「こち亀」連載終了後初作品ブラックティガーです
170131.jpg
スキャン画像で記事を書く、と言いながら加工してみる

他作品もやりながら、という話なので単行本が出るのは大分先になるかも

ブラックティガー、漫画ではなかなか名前が出てこない西部劇です
昔「荒野の少年イサム」というのもあったようですが
電子書籍で序盤だけ読みました
もうアメリカ映画でも作らなくなって…あれ?荒野の七人がリメイクされたのか(荒野の七人の元ネタは七人の侍)。
そのうちワイルドバンチのリメイクに手を出しそうだな…企画はあがっているようです。

ブラックティガー、南北戦争終了後という設定です
170201 (2)
マカロニウエスタンというセリフ、現代ものなら問題ありませんがこういうので白ける人もいたりして
マカロニウエスタン、南北戦争、名作の呼び声も高い「続・夕陽のガンマン」を連想する人も多いのでは

170201 (3)170201 (1)
主人公の女ガンマン「ブラックティガー」
中折れリボルバー&レバーアクションライフルを使用
拳銃だとパーカッション⇒金属薬莢の過渡期
ガトリング銃はいつだったかな
ガス圧式の機関銃は1885年、るろうに剣心でもまだ早いな…
銃の変化が激しい時代なのでチョイスも悩みそう

内容に話を移してこの漫画
ワンパンマンあたりの影響か主人公が無敵過ぎな気が
恐らく強化人間と予想しますが
対抗できる強化人間が出てきて超人バトル…という展開になる?
超人バトルなら銃は要らないのでは…
漫画で白兵戦が多い理由、銃で間合いがあまり近いと不自然だから
表現が難しいというのもあったりして

「漫画だと銃撃戦は難しい」
これもあるのか終盤がちょっと分かりにくかったです
特に敵の親玉・ジャンゴの最期、研究施設が吹っ飛ぶ所など
普通のベテラン作家だと序盤の見開き減らして
終盤にページ割こうとか提案されるかも
こういうやり取りはあったのか無かったのか気になる所です。

何より残念なのは…
零細ブログですから正直に書きます
やはり線の衰えが否めない
分かりやすいポイントを、と問われると美女の横顔ですな
週刊ペースでなければキレイになるかも…と思ったりもしましたが
年齢、といっても池上遼一先生なんかもいるしなあ
いつかの宮崎駿監督の番組で「人間が一生に引ける線」というフレーズがありましたが
週刊連載を40年、休載ナシ、単行本200巻、特厚仕様にしなければ206~207巻
合間にミスタークリスなど…
秋本先生この「人間が一生に引ける線」を超えているのかも
スポンサーサイト

こち亀 改変マンガ オッパイに目の色変えるのもヤだけど…

こちら葛飾区亀有公園前派出所
12 /01 2016
月が替わったので一度更新
pixivにも上げたこち亀改変マンガに関する事です
クリップスタジオの出力設定で迷うので
自分向け備忘録も兼ねております
こち亀 当方は80巻過ぎた辺りでフェードアウトしているので
「知らない」話の方が多いという事に
フェードアウト、何が切欠だったかな?
巻数が多すぎるのと
タイトルでオチが予想出来てその通りになった
82巻収録 おむすびころりん!の巻 だったような…

記憶を辿るのはこれ位にして
80巻以降、連載終了間際にあった節目の巻無料公開を切欠にポツポツ読んでしまっております
毛色の変わった展開、110巻で磯鷲早矢登場、早矢は両津を好きになり…
111巻で麻里愛が正真正銘の女になり早矢と争うという
ラブコメ展開が
長~い連載、両津にもラブコメ展開があったのだから
中川と麗子にもこういう事があったのでは?という妄想をくっ付けてみたモノです
ヒロインと一緒になったら終わり
118巻で登場の擬宝珠纏、時期からしてミレニアム婚でガチ終了というのも選択肢にあったとか…
ともかく今回は111巻、早矢対麻里愛弓道対決‼から
こち亀111-161016
161201-1-.jpg
161201-2-.jpg
161201-3-.jpg
オマケの4コマ
161201-4-.jpg
当方背景にひと手間足りない気がするので
トレスで練習というのもありました
クリップスタジオを使っているのですがB4サイズをそのまま出力するとサイズが大きすぎるから
40%に、トーンのモアレが酷いな…
30%、何か感じが違う、5%のトーンが反映されていない、以前も同じ失敗をした記憶が…
60010845_p5_master1200.jpg
麻里愛のネグリジェに5%のトーンを使ったのですが、画像が小さくて分かりにくいかも

50%で行ってみるか…うん、悪くないんじゃないか
デジタル、一度フルサイズで出力してそれを縮小してみるのは?
トーンだとモアレがあるからグレー塗りは?
デジタルだしトーン貼る方が手軽だな…グレー変換もあるが何で使ってないんだっけ?
透明部分の処理がこっちの狙いと違うという事があったような…
デジタル、選択肢が多いのも欠点だったりする?



ジャンプ流 vol.18 秋本治

こちら葛飾区亀有公園前派出所
10 /05 2016

DVD付き隔週刊雑誌「ジャンプ流」18号は秋本治先生
当初買うつもりは無かったのですがこち亀終了フィーバーに乗って購入してしまいました。
発売日から「こち亀が終わるなら…」という人が相当数いるのでは?

このシリーズ、絵が売りの矢吹健太朗村田雄介先生のモノを購入しましたが
内容はそれらと同様 複製原画・モ写用紙(どちらもA4)
DVD・20P(表紙含む)の小冊子「秘伝ガイド」の4点です。
ミウラタダヒロの麗子さん
付録の複製原画はコレです、近年纏を重用してきたとはいえこち亀のヒロインといえば麗子
その麗子のセクシーポリス衣装です。絵柄が違う?
秋本先生、こち亀終了後の次回作は「女勝負」で行くおつもりのようで絵柄を変えてみたとの事 
ウソです、それにこち亀といえば両津でしょ!ということで…
健さん風両さん
往年の大スター・高倉健を彷彿とさせる両さん、こち亀ジャンプの表紙を007風にしたので
こちらは和風で仕上げてみたとの事。
これもウソです

上記二点はこれを使って当方が描いたモノです。

ホントの複製原画は何?という人は雑誌「ジャンプ流」18号を入手して
チェックして頂きたいと思います。

・やはり「速い」
目玉のDVD収録の作画過程
白紙から色塗りまで収められております
絵は両津の全身図、背景はナシです
色塗りまで全てアナログでした。

下書きはシャーペン、やっぱり下書きはされるようで
そしてペン入れ、仕上がりは置いておいて矢吹健太朗・村田雄介先生に比べると圧倒的に速いです
Gペン一本で一発でガリガリと線を引いていきます
紙の回しも少ない…手足、あたりを取った程度の下書きにザクザクと指を描き入れていきます。
修正もほとんどしない模様、ちょっとハミ出した程度ならそのまま進める?という印象を受けました。

Gペンで強い線を一気に、とやるとインクだまりが出来がち、そこはティッシュを当てておりました。
これにしても下手するとホワイトで修正となるので注意が要るでしょう。

色塗りもペン入れしたモノにそのまま塗っているのかな?
コピックは使わず絵の具オンリーのようです。
口の所に明らかなハミ出し、流石に修正かけるだろう、どうするのかな…
そこの部分は収録されておりませんでした。

作画を速くするには?あたり程度の下書きで清書出来る、線を一気に引ける
あと修正が少ない、無いのが理想…ほとんどの条件が当てはまっております。

これは乾燥時間込みで半日以内で仕上げているのでは?
そして速さ、粗さが両津を描くのに効果的になっているような気がしました。

制作スタジオ紹介、秋本先生、香取慎吾主演のドラマ等でTV出演されておられるからか
堂々と顔出しでインタビュー&取材に応じられております。

華美さが無く広々とした応接室、そしてオフというのもあるでしょうがサッパリした制作スタジオ
机は事務机を使っておられるようです
秋本先生、還暦を過ぎた大物作家ということで風格も感じますが口調・物腰、そして仕草、
一部の趣味を除いて両津とはキレイに正反対の人物で
こち亀キャラで一番近いのはバイクに乗っていない素の本田なのでは?と思ってしまいました。

こち亀第一巻の後書きは小林よしのり先生で「土方みたいなオッサンが鼻毛抜きながら描いていると思っていた」
という一節がありました
そういう風に思っている人が少なくなかったようで十中十まで「意外」と言われたようです。
漫画家の作業、内容と量からゴツイ人だと厳しいのでは?とも思いますが
宮下あきら本宮ひろ志、あと板垣恵介(敬称略)…
「ああ、なるほど」という風貌だったなあ…

・こちらも「早い」
制作スタジオで自らの机に座りネーム公開&裏話
ネームは担当じゃないと分からない程度に書いて一日あれば作れるという話が
2本以上ネームを用意してアシスタントに先行して描かせることもあるということです。
ネーム作成も速いからアシスタントを早く動かせる
秘伝ガイドのスケジュール表によると流石に週休1日との事ですが
これ位速い&早くないと漫画の週刊連載をこれだけ続けるなんて無理なのでしょう。
人間慣れといっても週一回以上必ず徹夜とかずっと3~4時間睡眠という生活をいつまでも続けられるはずがありませんし。
こち亀170巻
170巻から、絵が下手という設定でしたがいつの間にか漫画家にまでなってしまっている両さん
こういうのは自らのエピソードを誇張しているのかも?

秘伝ガイド、現在集英社の社長になられているこち亀初代担当堀内丸恵氏のインタビューも面白かったです
社長に出世、こち亀の連載と併せるように週刊少年ジャンプが日本一の雑誌に成長
あと「ムチャはしてもらわないといけないが込み入った作画で週刊連載」その道筋をつけた功績を買われたとかでしょうか?

他はこち亀ではありませんがデジタル作画の基本という頁もありました。
このシリーズ「デジタル作画話が少ない」という声も上がっている?
ジャンプでフルデジタルは食戟のソーマの佐伯俊先生、ここでは触れておりませんがゆらぎ荘の幽奈さんのミウラタダヒロ先生もそうでしょう。
加えて現在ジャンプ+に作品を上げているうすた京介先生を紹介しておりました。

アシスタント作業など一部デジタルというので村田雄介・葦原大介・麻生周一・堀越耕平・高橋和希(敬称略)を紹介しております

ジャンプ流 vol.18、当初買うつもりは無かった、と言いながらしっかり楽しませてもらい記事も書いてしまいました。

P・Sこち亀ネタを連発してしまったのでカテゴリーを分けてみました。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 第200巻 後編

こちら葛飾区亀有公園前派出所
09 /30 2016
前回からの続きでこち亀200巻で気になった所を飛び石で書いてみます

第十一話 芸術論の巻
麗子が前衛芸術家の絵画を300万円で購入
堂々とけなす両津、部長も正直「何でこんな物が」という雰囲気
そんな中「雑学」(ざつまなぶ)に凄い画才があるのが判明
こち亀200巻11-1こち亀200巻11-2
両津というより秋本先生の心の叫びのような…

第十三話 懐かしのビッグワンの巻
こち亀神回というと必ず名前が挙がる59巻「おばけ煙突が消えた日」
両津、昭和三十九年(1964年)に10歳くらいだと定年だよなあ…
サザエさんちびまる子ちゃん風に「永遠の1970年代」といった設定なら…
恐らく200巻は達成出来なかったでしょう
そろそろ両津の生年は1976年の連載開始以降となるのでは?
160923.jpg
こういうのも連載終了決断の一因かも

設定の変化を感じるお話でした
こち亀37巻
37巻ニュー中川!からビッグワンガムが両津の子供時代になるなんて夢にも思わなかったのでは?

第十六話 中川はん出向の巻
中川が大阪府警に出向、といっても隣の通天閣署別館で…というお話
通天閣署、57巻~61巻のロボット派出所よりも不評では?とも思いますが
こち亀60巻
60巻からこれは長い間温存していて大使館が通天閣署になったとか?
こち亀神回のお約束「おばけ煙突が消えた日」後は57巻「浅草物語」あたり…
ロボット派出所、こち亀絶頂期&ジャンプ黄金期と重なっていて読者の要求が高くなっていたとか?
という話はこれ位にして
春×中川の会話でダーティハリーという文言が、あの映画といえばこのセリフを使いたくなるので改変
160921.jpg
これを載せるためにこの記事書いたようなものです。
それにしてもダーティハリーってジャンプの読者層だともう意味不明なのでは…
あと「ワイルド7」というセリフも、こちらは近年実写映画になったからまだ分かる?

第十七話 夏の旅行Ⅱの巻
やっぱり最後の水着回となりました、ヒロインは纏一人で麗子は出てきません
気になった事は以前書きましたので次に行きます

第十九話 部長御乱心の巻
こち亀33巻
最初の「両津のバカはどこだ!」オチはこれだろうか?
部長が純金の阿修羅像を購入
え、中川&麗子ではなく部長がそんな高価なモノを?
よく読むと会で共同購入となっていました
お約束で両津が最後にヘマをして…なのですが
これは納期に遅れてもフォローしとかないと部長もヤバくなるのでは…
それを言ってしまうとこの漫画は読めませんが
…純金ならそれだけで1グラム4600円程度、ヘマしたついでに悪巧み
タングステンに金をコートしたモノに置き換える、良心的に行くなら何気に金より安いプラチナもアリかも
ちょっと書いてみただけです。

第二十話 永遠の腕時計の巻
「両さん実はいい人」系の話です
夏春都が出てくると「両さん大失敗」というパターンが少なくなるような
こっちが最終回でも良かった気もします
それにしても両津、万能職人になり過ぎな気も
かな~りの期間運転免許も無いという設定でしたが
…映画等他のジャンルにしても長く続けると主人公が万能超人になりがちな気がします。
「長く続けると万能超人」こち亀に敬意を表して「両津化」というのはどうでしょうか
纏のセリフ「警官なのを忘れていた」
「両さん何をしても一流なのに警官続けてるのは何故ですか」
「あの腕でお金を気にする、警官辞めた方が割が良いのでは」
といった声が秋本先生にも届いていてそれを反映しているとか

最終回 40周年だよ全員集合の巻
こち亀最終回-
芸術論の巻で思ったのですが雑学は秋本先生自身がモデルかも
同じく自身がモデルの本田(素)とポジションが被っているとか
(当方の勝手な推測です)

最終回、あれは無いんじゃないかという声もありますが
こち亀33巻-
こういうのも出来ないでしょうし
こち亀最終回-1
この引き以降の4ページがジャンプと違っております
単行本収録のほうには「いつか復活するヤな男」というのが
流石に4ページで結婚・退職といった〆はやっておりませんから
復活読切などもありそうです
読切がまとまったらこち亀ジャンプ収録の日暮回を載せた単行本も出る?
201巻になるだろうか?それとも「こちら葛飾区亀有公園前交番」みたいに微妙にタイトルを変えて1巻から
191巻から厚い単行本をだして200巻に収めた、キレイに200巻、もうこち亀は描かない。
201巻、タイトル変更で1巻から、もう「こち亀」単行本は出ない
あなたはどれに賭けてみますか
こち亀別注表紙から
別注単行本表紙をお手本に鉛筆書き
200巻表紙、ジャンプ流18号のDVDジャケットなど
大原部長の序列を下げたがっているようにも見受けられますが
この四人のいずれかが退場したらこち亀も完全終了と相成るのでは?
ルパン三世のルパン・次元・五ェ門・不二子に似ている気もします

こちら葛飾区亀有公園前派出所 第200巻

こちら葛飾区亀有公園前派出所
09 /25 2016
こち亀200巻-1
通常版のカバー、スキャナでは再現が難しいメタリック仕様
ジャンプ42号と同様電子書籍には無い現物の魅力とも言える?

ジャンプ42号掲載の最終回「ジャンプと200巻ではオチが違う」
…ここからマジなオチにすることもないだろう
別にいいかな…こち亀第200巻、結局20日に本屋で買ってしまいました。
特典版は予約でいっぱいで売れない、通常版が2冊あるのみで売り切れ寸前でした

他に記憶が無い雑誌と単行本同時発行、秋本先生4日放送のワイドナショーでは
「これから執筆」と語っておられましたがあの時点でほぼ完成してるか
製本作業に入っていたんじゃないかなあ…
200巻の巻末は191~200巻のサブタイトルリストが掲載されております

第191巻から14話以上収録と厚めの単行本になっており
200巻で辞めるという方針は191巻発行の2014年夏には決めていたのかも

印象に残った所を飛び石で紹介したいと思います
第一話 新世代の巻
こち亀200巻
掲載は2016年20号 こち亀データベースから
ジャンプ黄金期のヒット作、シティーハンターでも連載終了を告げられたのが一か月前との事ですが
こち亀は各種メディアを巻き込んで大イベントを打っているからこれ位には連載終了を正式決定していたのでは?
オチは勇退を前に一言、という印象を受けました。

第二話 メジャーデビューの巻
時々ある音楽ネタ、漫画と音楽、漫画家ってバンドもやってるとかミュージシャンだったという人が何気に多いような
そういう漫画家仲間の影響だろうか?
両さんは音痴という設定でしたが190巻「艶歌ロイドの巻」だとそれも克服しているような…

第十話 スナイパーの時代
内容云々より絵の魅力・魔力というのがあるのかな?というのを考えてしまったので
こち亀 100巻までがおもしろかった」など近年のモノはもう一つという意見
当方含めて秋本先生の絵の簡略化・衰えを指摘する人も多そうです
それなら作画に誰か立てれば…
こち亀200巻-
上段は秋本先生、下段はアシスタントの方でしょう
アシスタントの方、丁寧に描かれておりますが麗子などメインキャラも全編これとなると
連載続行不能という位の批判を浴びるのでは?
いくら簡素に描いてるといっても秋本先生の方が良いと思うのは私だけだろうか。
今週の作画は矢吹健太朗先生です、とかなら賛否が割れる気もしますが
アシスタントの方、マネキンを描いているような…これは何なのだろう?
背景・構造物・メカを描き過ぎて人物絵から生命感が無くなっているとか?
一番書きたい事はこれなのと
長くなるのでこれで一回〆にしてみます

P・Sいつまでかわかりませんがこちらのジャンプ+のサイトで麗子登場前の最初期1~10巻を無料公開しております
オールドこち亀ファンでも内容的にはあまりお勧めできませんが2巻以降の荒れた線、体型・遠近法の狂い、作者コメント…
流石の秋本先生も連載当初は大苦戦しておられたようです。
当方は評判の高い「まごころ説教⁉」からの3連作が収録されている8巻からクオリティが上昇傾向になっている気がしました。

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。