墓場鬼太郎

アニメ
12 /31 2015
・平和の恐怖を描いている?
年内に書いておきたかったネタを
11月末に亡くなった水木しげる先生原作のアニメ
墓場鬼太郎です

何回もアニメ化されたゲゲゲの鬼太郎、アニメ化を機に「墓場の鬼太郎」から改題したという
経緯があるようです。

墓場鬼太郎アニメDVD、当方最終回「アホな男」が凄く気に入ってしまい全4巻を所有している次第です。
7年前の作品ですが中古でも安くは買えない模様です。
ロード・オブ・ザ・リングくらい数が出ると別ですが
デフレとはいえ良いモノは値崩れしないのだろうか?

「平和の恐怖」書きたいフレーズは書いてしまいましたが何の事か?というのも含めてキャラ&内容紹介を
PDVD_066.jpg
鬼太郎
幽霊族最後の生き残り
妖術は使うのですがカナヅチだったりチンピラに締め上げられたりと
普通の子供に毛が生えた程度でパッとしません。
ヒーロー物になった「ゲゲゲの鬼太郎」
鬼太郎が一度相手妖怪にやられて一反木綿や砂かけ婆といった仲間妖怪の助力で敵を倒すというのがお決まりだった記憶が
苦戦しないと話にならないというのもありますが「あまり強くないのでは?」というのは墓場鬼太郎の名残でしょうか?

PDVD_067.jpg
目玉おやじ
第一話でこの姿になった詳しい経緯が描かれます
「ゲゲゲ」より光彩部分が小さい、体の血管など不気味さを狙ったデザインとのこと
PDVD_069.jpg
元はこのミイラ男みたいなのです
おばけは死なない♪病気も何にも無い♪という有名な歌詞がありますが
幽霊族、病気にもなるし死ぬようで
PDVD_070.jpg
墓場鬼太郎、出だしは鬼太郎を身ごもったまま夫婦が死ぬという重い設定となっております。
img151.jpg
漫画で幽霊族(人間モグラ族)という表記もありました
”人間モグラ族”普通の人間の方が怖くて強いという意味もあったのかもしれません。
目玉おやじ、鬼太郎の片目という話をする人もいますが死んだミイラ男の目だけ蘇ったという設定です
声はお馴染み田の中勇さん、2010年に亡くなられました
最後の目玉おやじはゲゲゲの鬼太郎第5シリーズのようですが
「アホな男」の目玉おやじのセリフは深いモノが多く遺作として語り継がれるべきモノでは?
と思ったりします

PDVD_071.jpg
ねずみ男
子泣き爺、ぬりかべといった「ゲゲゲ」の仲間妖怪、墓場鬼太郎では全く登場しません
仲間妖怪?で出てくるのはねずみ男だけです。
寝子という猫娘の原型?というキャラは登場しますが特異体質の人間ですし
ねずみ男、臭い息&屁で人間をKOします。汚いのですがチンピラを気絶させたり
ヤクザの集団を余裕綽々で返り討ちにしたりと鬼太郎より頼もしく見えることも…
゛鬼太郎より頼もしく見える″「ゲゲゲ」ではこの役回りを仲間妖怪に譲ったのかも?

・これはどうだろう?という人もいるかと思いますが
おばけは死なない♪病気も何にも無い♪ではなく鬼太郎たち、風雨を凌げる寝床と食べ物がいるようで
普通の人間と同様おカネを欲します。
PDVD_072.jpg
第6話水神様から金貸し協森の借金取り立てで”水神”と対峙する鬼太郎
「世の中カネ」ですが水神がどうやっておカネを使うのだろう?
ともかくこの件が切欠で鬼太郎は窮地に陥ることに。

水神、第7話で文明の利器の前にあえない最期を遂げます
古来の怪物といえど欧米の近代兵器の前には…
この辺りにも従軍経験が反映されているというのは穿ち過ぎでしょうか。
PDVD_073.jpg
これは第6話の1シーンです。軍の決死隊、というイメージでしょう。

おカネ、誰かに何かをしてもらう権利書なので
全く誰の手も借りずに自給自足が出来る
地代を請求されるにしても日本ですと自衛隊の手に負えない、という位の力があれば無視できるのですが
妖怪までおカネを欲する世界
戦地で銃弾と爆弾に、復員してからは「支払い」に追われた水木先生の経験が反映されているのではないでしょうか

PDVD_074.jpg
最終回「アホな男」終盤から
「食う」というのはあの世には無い快楽のようですが
仕事と支払いに追われる生活があると知らずに現世に来た「水木」はあの世に戻ろうと試みて…
というシーンです。
総員玉砕せよ!」は戦争の恐怖、こちらは平和の恐怖を描いているのかも?

…支払いより銃弾・爆弾に追われる方がマシという人はイスラム国など反米過激派に身を投じるのも一手かも…
という不謹慎な一文で〆たいと思います。
スポンサーサイト

ワンパンマン+とらぶる

おっぱい漫画
12 /17 2015
当方pixivに作品をアップしているのですが
ワンパンマン・フブキのエロ絵をアップしてみたら
閲覧数がいつもより多いという結果に
少子高齢化とはいえ新しいモノは出てくるようで
故マイケル・ジャクソン様の伝説のステージ(どうもネタが古くなる)
モータウン25周年でのセリフで
「古いのも悪くないけど…やはり新しい曲が良い」というのもあったと覚えております。
みんなそう思っているということだろうか。
今回はフブキの取り止めのない画像を2点アップしてみます。
一枚目はトレス、2枚目はコラです。
フブキ+ミカド
拷問を受けるフブキ-アップ用
フブキを痛めつける目的はサイタマ、タツマキ、それとも…
というのは想像にお任せします。
原作では残虐描写はありますがオッパイは今までなかったしこれからも出さないと見ております
「こんな事するな!」
という方は
「描かないから見たくなってしまう」
ということでご勘弁を…。

女のひとり旅では

北斗の拳
12 /10 2015
コラ画像作り、始めてしまうと際限なくやってしまうので
他の事が手につかなくなってしまいます。
一度アップすると区切りが出来るのでは?という意味での更新です。

北斗の拳、全て後付けという展開のせいかこうだったら…みたいなのが
いくらでも(本当か?)出てきてしまうというのもあります。
といってもマミヤの裸ばかりですが…

今回は飢えた荒野の直前、アミバを倒した後からです
いくらでも、と書きましたがパターンが決まっている気も。
究極版だと4巻になるようです。

女のひとり旅では1
飢えた荒野1
女のひとり旅では3
女のひとり旅では4
女のひとり旅では5
女のひとり旅では6
南斗六星光る!!4
南斗六星光る!!5
南斗六星光る!!6
女のひとり旅では10
女のひとり旅では11
南斗六星光る!!9
ここから絵が用意出来なかったので少し説明文で
現在に戻り、単独行動中のマミヤ、
「見ろよ、食料より良さそうな女がいるぜ」
…みたいな感じでモヒカンに目を付けられます
モヒカンは四人程度、雑魚であっさり返り討ち、
ですがそこは荒くれ男、仕留め損なった男がマミヤに一撃を!
しかしマミヤは居合わせた男に助けられます。
見た目は強そうではありませんが
超人拳法を使うらしく普通のパンチ一撃で荒くれは全く動けなくなります。
(…そんなに強い一撃には見えなかったけど…北斗南斗と違う超人拳法?)
「あ、ありがとう」
「いえ、大した事はありません」
…善人のように見えましたがこの男もマミヤの体が目当てだったようで
「結局、男なんて皆同じね」
「…当たり前だろう?美人だから関わったのさ」
「アンタの思い通りにはならないわ」
打撃力不足を補うためナイフで男を攻撃するマミヤ
しかし男は遊ぶ余裕があるようであえて捕まえずナイフをかわし続けます
「ふむ…大したものだ…美女にしてはな」
「余裕かましていると後悔するわよ、あの世でね」
これで決めるという渾身の一撃をマミヤが放つ、ナイフは空を切り
入れ違いにマミヤは自分の体に衝撃が走るのを感じた
「な、何コレ…」
感電というのはこういう感覚なのだろうか?
マミヤは床に崩れ落ちた…
女のひとり旅では-
今回の更新はこの画像を作ってしまいこれにつながる展開は?というので
やってしまった次第です。
マミヤの戦闘力、アニメでは強化されていた気もしますがあの世界だとまったく歯が立たない
男はゴロゴロいそうなので余程運が良くないと無事では済まないのでは…
ややこしいことを書いておりますがエロ展開にもっていきたいだけです。
締めに脈絡のない扉絵風コラ画像を
女のひとり旅では-おまけ
女のひとり旅では-おまけ2

総員玉砕せよ!

一般
12 /01 2015
・水木しげる先生がお亡くなりになったということで

水木先生が自身の軍隊経験を基に描いた漫画作品、当方が持っているのは文庫版です。
テレビドラマ化もされているようです。

映画「永遠のゼロ」ではありませんが
この作品「総員玉砕せよ!」を受け継ぐのも重要な仕事かもしれません。

戦争反対!…しかし水木しげる先生以外にも
名作洋画「戦場にかける橋」「猿の惑星」の裏話が印象に残っております
「戦場にかける橋」はともかく「猿の惑星」のどこに二次大戦の影響が…
この二作品、どちらもフランス人小説家ピエール・ブールによる話でブール氏の捕虜経験が
反映されているらしいです。
実話を下敷きにしたと言われる大脱走
未だにシリーズが続いている007、原作者イアン・フレミングは
二次大戦下英情報部に籍を置いていた人物。
ドレスデン空爆を経験したというカート・ヴォネガット

海外の作家の話を入れたのは世の東西問わず才能ある人物が戦争を経験した時に
後世に残る作品が生まれるというのもあるのでは…と思ってしまったので。
戦争で才能が研ぎ澄まされる」「魂が磨かれる」というのもあったりして…

平和を求めるなら新しい娯楽作品がイマイチとか魂が入っていないとかの
不満を抱いてはいけないのかもしれません。
ショービズ・漫画・アニメ等娯楽作品がイマイチと思うならそれは平和の代償と思えば良いのではないでしょうか

「総員玉砕せよ!」の中身にも触れたいと思います
物語は軍隊の日常生活から始まります
しかし日常生活といっても川越えでの転落、食料調達でのあっけない死
平穏なようで死がサラリと描かれるところに「軍隊というのはこういうもの」みたいな説得力を感じます。
そして押し寄せてくる米軍との戦闘、戦局の悪化、玉砕へ…
この日常から米軍との戦闘、凄惨な展開に、の切り替えがと巧みと思いました。
転換点が分かりにくい「いつの間にか戦いに」というのに恐ろしさを感じました。img146.jpg
丸山初年兵が水木先生と思われます
img147.jpgimg148.jpg
いろいろややこしい事を言っても食うのと快楽(エロ)人間は結局ソレなのだろうか?
二次大戦終結から70年、女性兵というのもあるようですが
もしこういう状況に出くわしたら女ならどう思うのだろうか?
img149.jpg
終盤の軍医と参謀とのやり取り、日本にとってあの戦争の目的はかなりの人数を玉砕させる事だったのでは
と考えてしまいました。
日本、とにかく人が多いから人をすり減らさないとマズかったとか…
二次大戦の結果 樺太・満州・台湾などに広げた勢力圏も蒸発し人口にしても急激に増えてしまったわけですが
アメリカの傘下で「全ておカネ」になったので結果オーライということだろうか。
おカネを稼ぐには?人を増やして産業を高度化、というのが基本になるかと思われますので。

そして2015年、イスラム国によるテロ、中国の軍拡?などキナくさい話が増えておりますが
それと裏腹に今のおカネ⇒米ドルは強くなっており
テロや軍拡をやる労力があるなら働いておカネを貯め込めば良いじゃないかと思ってしまうのですが。
私も日本人なので。

日本、資源は何処から来る?というのがありますので「戦争をしない」というのも実は難しいことなのかも
永遠の米ドル高(若しくは円高)、そしてデフレ加速であれば資源などいつでもいくらでも買えるとなるのでしょうが
それだと累積債務が問題になりそうな気も
水木先生が遺した作品も「感動した」けど結局戦争に…となってしまうのだろうか。
img150.jpg
締めはゲゲゲの鬼太郎の1シーンから、ねずみ男が鬼太郎の手柄を横取りして勲章を貰うシーン
この辺りにも従軍経験が活かされているのではないでしょうか。

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。