こちら葛飾区亀有公園前派出所 第200巻 後編

こちら葛飾区亀有公園前派出所
09 /30 2016
前回からの続きでこち亀200巻で気になった所を飛び石で書いてみます

第十一話 芸術論の巻
麗子が前衛芸術家の絵画を300万円で購入
堂々とけなす両津、部長も正直「何でこんな物が」という雰囲気
そんな中「雑学」(ざつまなぶ)に凄い画才があるのが判明
こち亀200巻11-1こち亀200巻11-2
両津というより秋本先生の心の叫びのような…

第十三話 懐かしのビッグワンの巻
こち亀神回というと必ず名前が挙がる59巻「おばけ煙突が消えた日」
両津、昭和三十九年(1964年)に10歳くらいだと定年だよなあ…
サザエさんちびまる子ちゃん風に「永遠の1970年代」といった設定なら…
恐らく200巻は達成出来なかったでしょう
そろそろ両津の生年は1976年の連載開始以降となるのでは?
160923.jpg
こういうのも連載終了決断の一因かも

設定の変化を感じるお話でした
こち亀37巻
37巻ニュー中川!からビッグワンガムが両津の子供時代になるなんて夢にも思わなかったのでは?

第十六話 中川はん出向の巻
中川が大阪府警に出向、といっても隣の通天閣署別館で…というお話
通天閣署、57巻~61巻のロボット派出所よりも不評では?とも思いますが
こち亀60巻
60巻からこれは長い間温存していて大使館が通天閣署になったとか?
こち亀神回のお約束「おばけ煙突が消えた日」後は57巻「浅草物語」あたり…
ロボット派出所、こち亀絶頂期&ジャンプ黄金期と重なっていて読者の要求が高くなっていたとか?
という話はこれ位にして
春×中川の会話でダーティハリーという文言が、あの映画といえばこのセリフを使いたくなるので改変
160921.jpg
これを載せるためにこの記事書いたようなものです。
それにしてもダーティハリーってジャンプの読者層だともう意味不明なのでは…
あと「ワイルド7」というセリフも、こちらは近年実写映画になったからまだ分かる?

第十七話 夏の旅行Ⅱの巻
やっぱり最後の水着回となりました、ヒロインは纏一人で麗子は出てきません
気になった事は以前書きましたので次に行きます

第十九話 部長御乱心の巻
こち亀33巻
最初の「両津のバカはどこだ!」オチはこれだろうか?
部長が純金の阿修羅像を購入
え、中川&麗子ではなく部長がそんな高価なモノを?
よく読むと会で共同購入となっていました
お約束で両津が最後にヘマをして…なのですが
これは納期に遅れてもフォローしとかないと部長もヤバくなるのでは…
それを言ってしまうとこの漫画は読めませんが
…純金ならそれだけで1グラム4600円程度、ヘマしたついでに悪巧み
タングステンに金をコートしたモノに置き換える、良心的に行くなら何気に金より安いプラチナもアリかも
ちょっと書いてみただけです。

第二十話 永遠の腕時計の巻
「両さん実はいい人」系の話です
夏春都が出てくると「両さん大失敗」というパターンが少なくなるような
こっちが最終回でも良かった気もします
それにしても両津、万能職人になり過ぎな気も
かな~りの期間運転免許も無いという設定でしたが
…映画等他のジャンルにしても長く続けると主人公が万能超人になりがちな気がします。
「長く続けると万能超人」こち亀に敬意を表して「両津化」というのはどうでしょうか
纏のセリフ「警官なのを忘れていた」
「両さん何をしても一流なのに警官続けてるのは何故ですか」
「あの腕でお金を気にする、警官辞めた方が割が良いのでは」
といった声が秋本先生にも届いていてそれを反映しているとか

最終回 40周年だよ全員集合の巻
こち亀最終回-
芸術論の巻で思ったのですが雑学は秋本先生自身がモデルかも
同じく自身がモデルの本田(素)とポジションが被っているとか
(当方の勝手な推測です)

最終回、あれは無いんじゃないかという声もありますが
こち亀33巻-
こういうのも出来ないでしょうし
こち亀最終回-1
この引き以降の4ページがジャンプと違っております
単行本収録のほうには「いつか復活するヤな男」というのが
流石に4ページで結婚・退職といった〆はやっておりませんから
復活読切などもありそうです
読切がまとまったらこち亀ジャンプ収録の日暮回を載せた単行本も出る?
201巻になるだろうか?それとも「こちら葛飾区亀有公園前交番」みたいに微妙にタイトルを変えて1巻から
191巻から厚い単行本をだして200巻に収めた、キレイに200巻、もうこち亀は描かない。
201巻、タイトル変更で1巻から、もう「こち亀」単行本は出ない
あなたはどれに賭けてみますか
こち亀別注表紙から
別注単行本表紙をお手本に鉛筆書き
200巻表紙、ジャンプ流18号のDVDジャケットなど
大原部長の序列を下げたがっているようにも見受けられますが
この四人のいずれかが退場したらこち亀も完全終了と相成るのでは?
ルパン三世のルパン・次元・五ェ門・不二子に似ている気もします
スポンサーサイト

こちら葛飾区亀有公園前派出所 第200巻

こちら葛飾区亀有公園前派出所
09 /25 2016
こち亀200巻-1
通常版のカバー、スキャナでは再現が難しいメタリック仕様
ジャンプ42号と同様電子書籍には無い現物の魅力とも言える?

ジャンプ42号掲載の最終回「ジャンプと200巻ではオチが違う」
…ここからマジなオチにすることもないだろう
別にいいかな…こち亀第200巻、結局20日に本屋で買ってしまいました。
特典版は予約でいっぱいで売れない、通常版が2冊あるのみで売り切れ寸前でした

他に記憶が無い雑誌と単行本同時発行、秋本先生4日放送のワイドナショーでは
「これから執筆」と語っておられましたがあの時点でほぼ完成してるか
製本作業に入っていたんじゃないかなあ…
200巻の巻末は191~200巻のサブタイトルリストが掲載されております

第191巻から14話以上収録と厚めの単行本になっており
200巻で辞めるという方針は191巻発行の2014年夏には決めていたのかも

印象に残った所を飛び石で紹介したいと思います
第一話 新世代の巻
こち亀200巻
掲載は2016年20号 こち亀データベースから
ジャンプ黄金期のヒット作、シティーハンターでも連載終了を告げられたのが一か月前との事ですが
こち亀は各種メディアを巻き込んで大イベントを打っているからこれ位には連載終了を正式決定していたのでは?
オチは勇退を前に一言、という印象を受けました。

第二話 メジャーデビューの巻
時々ある音楽ネタ、漫画と音楽、漫画家ってバンドもやってるとかミュージシャンだったという人が何気に多いような
そういう漫画家仲間の影響だろうか?
両さんは音痴という設定でしたが190巻「艶歌ロイドの巻」だとそれも克服しているような…

第十話 スナイパーの時代
内容云々より絵の魅力・魔力というのがあるのかな?というのを考えてしまったので
こち亀 100巻までがおもしろかった」など近年のモノはもう一つという意見
当方含めて秋本先生の絵の簡略化・衰えを指摘する人も多そうです
それなら作画に誰か立てれば…
こち亀200巻-
上段は秋本先生、下段はアシスタントの方でしょう
アシスタントの方、丁寧に描かれておりますが麗子などメインキャラも全編これとなると
連載続行不能という位の批判を浴びるのでは?
いくら簡素に描いてるといっても秋本先生の方が良いと思うのは私だけだろうか。
今週の作画は矢吹健太朗先生です、とかなら賛否が割れる気もしますが
アシスタントの方、マネキンを描いているような…これは何なのだろう?
背景・構造物・メカを描き過ぎて人物絵から生命感が無くなっているとか?
一番書きたい事はこれなのと
長くなるのでこれで一回〆にしてみます

P・Sいつまでかわかりませんがこちらのジャンプ+のサイトで麗子登場前の最初期1~10巻を無料公開しております
オールドこち亀ファンでも内容的にはあまりお勧めできませんが2巻以降の荒れた線、体型・遠近法の狂い、作者コメント…
流石の秋本先生も連載当初は大苦戦しておられたようです。
当方は評判の高い「まごころ説教⁉」からの3連作が収録されている8巻からクオリティが上昇傾向になっている気がしました。

真・こちら葛飾区亀有公園前派出所 最終回

こちら葛飾区亀有公園前派出所
09 /17 2016
160917-.jpg
良く言われる「こち亀 100巻までがおもしろかった
その100巻以降に登場したスーパー婦警キャラ
磯鷲早矢と擬宝珠纏の2ショット‼のつもりです
登場は纏の方が後ですがそこからでも16年11か月というところか?
200巻の扉絵、部長より纏優先というのはオカシイという批判もありますが
登場から約17年、
「纏にダメ出しするやつぁ読者じゃねえ」
と頑固寿司屋風の態度で臨むのもアリでは?という気もします。

「磯鷲早矢と擬宝珠纏」何者?麗子さんしか知らない、という読者にアピールするためか
1巻、10巻、20巻、30巻…寅さんじゃありませんが持ってけ泥棒と190巻まで10巻置きに
アマゾンなど各種電子書籍サイトで無料公開しております。
持ってけ泥棒といっても限度がありますから23日までの期間限定となってるようです。
気になる人はお早めに

こち亀ことこちら葛飾区亀有公園前派出所、2016年42号をもって連載終了と相成りました
以前の記事で「40年を機に連載終了としても良い気もしますが…」
などと書きましたが作者様もそのようにお考えだったようです

週刊少年ジャンプ42号、こち亀の掲載は巻頭カラー&モノクロ、
後は第一話をフルカラー加工で復刻掲載しておりました

両さんが何処かに吹っ飛ばされる⇒軽いノリでまあ奴なら生きてるだろう
というラストかな?と思いましたが
ホントにパーティーやってオシマイでした、あとは秋本先生の挨拶文。
単行本とオチが違うという話ですが
殉職は除外として結婚・退職というマジな〆は選択してないでしょう
18頁前後の漫画一回では尺が足りないでしょうし。

しかし「謎の電リク」これを雑誌に当てはめると…どこまで本気なのか気になったりします
確かに雑誌を仕切る側が「こうだ」と発表すれば読者は「そうなのか」となる他ありませんが
この件でサム・ペキンパー監督のバイオレント・サタデーという映画のラストを思い出したりしました。
秋本先生、あの年代の漫画家でガンマニア、「サム・ペキンパー監督をご存知ですか」と質問して
怒られてみたいという願望があったりします。

予告によるとこち亀企画は年末までやるそうで
堀越耕平先生など少年ジャンプ連載中、連載経験作家のこち亀を掲載
あとは秋本先生の新作をヤングジャンプ、グランドジャンプといった系列各誌に載せるという予告もありました
新作をやるとしたら主役はブ男か美女で中川系の二枚目を主役に据えるという事はやらなさそう…
さて新作群の主役たちはブ男、美女、予想を裏切って二枚目の男…まあ近年のこち亀を読めば予想出来ると思いますが
これで行くなら往年の作画を取り戻してほしいというのが正直な要望だったりします。

・明日に向かってギャグを撃て‼この元ネタが分かる層でもジャンプを読んでいた?
巻頭のカラー扉絵で気になった一文に「明日に向かってギャグを撃て‼」というのが
アメリカン・ニューシネマの傑作「明日に向かって撃て!」からと思いますが
これが分かるオッサンでもこち亀があるからジャンプを買っていたという人も結構いたりして
ジャンプ一冊、バス代程度だし子供向けとはいえ絵がメチャ上手くて面白いのもチラホラある。
「絵がメチャ上手くて面白い作品」単行本も買っておくか、タバコ一箱程度だし…
こんな感じのサイクルも発生していたとか?
週刊少年ジャンプが漫画、というより日本一の雑誌に‼こち亀&秋本先生がMVPかも
「こち亀 100巻までがおもしろかった」年度にすると1976~1996年
1976年、三大漫画週刊誌で何気に最後発のジャンプ、創刊から8年で今みたいに絶対王国という立場ではなかったのでは?
1996年、スラムダンク終了で黄金期終焉
週刊少年ジャンプが日本一の雑誌に、こち亀&秋本先生がMVP ハズレではなかったりして
ドラゴンボールなど黄金期の超ヒット作に比べると地味なように見えるがこち亀&秋本先生が才能を引き寄せる磁石のような効果をもたらしていたとか…
失ってみて価値が分かる
週刊少年ジャンプ、ワンピース、ヒロアカ
ホントにコレ一週間で描いてるの?という位絵がメチャ上手い人もいますし
面白いギャグ漫画もありますが、何となく誌面からエネルギーが無くなっているような…
当方が懐古厨になってるだけかも?

こち亀連載終了、社交辞令じゃなくマジで引き留めたんだろうなあ

こち亀終了を機にジャンプ卒業、意外と影響が大きく東京五輪の頃に少年ジャンプ休刊検討という報が流れているとか…
サッカーでエースストライカーが抜けても何とかなるが一見地味な守備的MFやキーパーが抜けると
大崩れ!みたいなイメージで。

最後にオールドこち亀ファンから画像紹介
最終回「40周年だよ全員集合」4位の「ポール」何者?
ポール
13巻に2度目の登場、少女漫画風イケメン

1位の星逃田
星逃田0星逃田1
17巻に初登場
これは次回作はこういうのを主人公に
和製ダーティハリーフレンチ・コネクションといった趣のハードボイルド劇画を考えていたのでは
こち亀の連載を重ねるうちに「二枚目主人公は止めた方がいいな」となって印象に残っているとか?
星逃田2
後にハゲたという設定、元祖色男キャラ・ジェームズ・ボンド、初代を演じたショーン・コネリーがヒントだろうか
神田沙也加のお父上とか…あくまでウワサですし60巻台でハゲてましたから誰かを参考にしたというなら
ショーン・コネリーあたりでしょう。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 最終回

こちら葛飾区亀有公園前派出所
09 /17 2016
160917.jpg
早乙女「…もう手遅れだけど、両津さん、あなた今度という今度は許さないわよ」
両津「おまえが両津さんというとマジ怖いからやめてくれ‼今度の件は本当に知らないって‼神田明神に誓ってわしじゃなーい」
最終回「さらば葛飾区亀有公園前派出所」の一コマをお手本に描いてみたモノです
早乙女が自己流なので「?」となると思いますがスキャン画像を上げるばかりもどうかと思うので

こち亀最終回「さらば葛飾区亀有公園前派出所」の内容を紹介したいと思います
ネタバレありますので知りたくない人は以下閲覧注意で。
話のニュアンス「両さんに濡れ衣が」と「中川&麗子の社長業」を組み合わせた感じです。

冒頭、派出所にいる中川と麗子、二人とも大真面目に一枚の書類を見ております
中川「麗子さんのも内容は同じだね」
麗子「圭ちゃんはどうするの」
中川&麗子「…」

場面は変わり新葛飾署
女子寮の浴場に無線転送カメラが取り付けられており大騒ぎに
LED照明に取り付けられていたのを麻里愛が気付いたという顛末
電源は照明器具からもらう仕組みになっており壊れない限り画像を送る仕組みになっていた
こんな事をするのは…
婦警軍団&署長から吊し上げを食らう両津
そこに大原部長がやってきます、冒頭で紹介したコマの後一言
大原「…まあ有力容疑者ですがこいつがやったという具体的な証拠もまだ無いでしょう
   ここで騒ぐのは時間のムダですよ」
その一言で冷静になる婦警軍団&署長
署長「大原君の言うとおりだな…」
早乙女「…ここは解散しましょう、でも白状するなら早いうちになさいよ」
署長「大原君、逃亡に気を付けてくれたまえ」

静かになる署内
両津「助かりました、部長」
大原「本当に知らんのだろう、両津」
両津「信じてくれるんですか‼部長」
大原「何年お前の上司をやっとると思っとるんだ‼お前はクロならくだらん言い訳を並べ立てるからな」
両津「部長…」涙ぐむ両津
大原「何回言ったか分からんが悪さばかりするから疑いがかかるんだぞ」

両津「…見つかったカメラを調べてみないと動きようがないですが…」
大原「…上役にこの件に関われるよう許可を取ってくる」

そんなこんなで調べていくと実は犯人グループの目的は麗子で
秋本貿易の商売敵の川芝物産が雇ったプロ犯罪者集団だった
強行手段に出た犯人グループに麗子が拉致されてしまう
スマホを頼りに麗子の居場所を探ろうとするがそんなのは犯人も承知しており
麗子のスマホは路地裏のゴミ箱に…万事休す⁉
しかし両津はなぜか麗子の居場所が分かり…
中川・本田・左近寺・ボルボと共に犯人グループを大バトルの末に逮捕
中川「今回は最大のピンチでしたね」
麗子「両ちゃん、みんなありがとう」
左近寺「…急いでいたから聞かなかったが何で麗子さんの居場所が分かったんだ」
両津「麗子の制服に発信機を仕掛けてあってな、現在地をワシのスマホで見れるようになってるんだ」
ボルボ「でも何でそんなものを…」
両津「…」
結局両津も麗子のエロ画像を狙っていたということに

後日、派出所
纏 「あたしがいない間に大きい事件があったみたいだな」
大原「結局お前は…まあ今回は大物を一網打尽に出来たから大目に見るが…」
纏 「盗撮は販売目的じゃなかったし映像も押収されてるから婦警も安心してるよ」
大原「犯人たちは麗子君だけが目的だったようだな」
本田「しかしあの川芝物産がこんな悪事を働くなんて信じられませんねえ」
大原「看板は立派だが大分前から破綻を隠している状態だったようだな
   秋本貿易の経営権がある麗子君を脅して利益があがっている○×国との取引から手を引かせて
   独占しようという算段だったらしい」
両津「私が濡れ衣かけられたのといい何でもイメージだけで判断しちゃいけないんですねえ」
大原「…借金や苦境が悪事を招くというのもある、お前も金遣いを改めて疑いをかけられないようにしないといかんぞ」
両津「はいはい、どうしても説教にもっていくんだからなあ…」
本田「そういえば麗子さんと中川くんは?今日は来ないんですかね」
大原「うむ…その事だが」
大原から中川と麗子は本来一種採用のキャリアで本人の強い希望で特例として
派出所勤務をしていたという事
警察庁からこれ以上の特例勤務を認めるわけにはいかないという通達があり
警察庁に戻るか退職するかの選択を迫られていてその返答期限が今日という話を聞かされる
驚く両津、と同時に納得する纏・本田
中川と麗子の決断は?
どちらにしても派出所とはお別れだが…

長くなりましたが大増頁でこういう展開になっております
麗子が誘拐という話はアニメオリジナルであったようですが今回はガチで
少しシリアスになりました

オチが気になる方は雑誌・単行本の方を…

(注)既に気付いていると思いますが今までのは管理人による作り話です
こち亀最終回中川×麗子オチが良いな、という妄想を並べ立ててみたモノです。

こち亀 感想 どういう形でも美女は貴重?

こちら葛飾区亀有公園前派出所
09 /11 2016
・美女と書きながら男絵多めです
img248.jpg
両津と麗子がちょっと真剣な雰囲気になる伝説の回「夏便り…」から
1984年発行の31巻収録です。
秋本先生、漫画家引退はしないとのことですが
pixivで目に留まったコメントで
“今の筆力ではちょっと…というのが本音”というのがありました
私もほぼ同意見だったりします
村田雄介先生みたいな人と組んでネームまでの原作を担当というなら
単行本を買ってしまうかもしれません
あと月30~40ページくらいなら今でもこれ位のヒロイン絵が描ける!
新作を楽しみにしてしまうかも…

以降は両津など男絵になります
麗子など女キャラの絵の魅力低下という話を2回ほどしましたが
オッサン絵の迫力・荒々しさは巻を重ねても変わっていないような
初めに紹介した画像と同じ31巻から両津・部長・御所ケ原組長
img251.jpgimg250.jpgimg249.jpg
時は流れ1994年頃執筆の90巻、両津と本口リカの父親
img252.jpgimg253.jpg
「こち亀は100巻まで」と良く言われるので
2002年に描かれた130巻から、両津、露天商、ペンキ絵師
img254.jpgimg255.jpgimg256.jpg
オッサンの絵はさほど変わっていない気もするのですがいかがでしょうか
いや、以前より迫力というか荒々しさが良く出ているような…
秋本先生、元々オッサンの方が得意だから主人公をむさいアラフォーにしたというのもある?

そういえば活動を休止した腕利き同人作家REDLIGHTが
「オッサンはサッと描けるし書き直しも少ない、美女の方が手間取る」みたいな事をつぶやいていたような…
皆同じなのだろうか?河下水希葉月京先生など女性&エッチ描写が売りの漫画家はどうなのか気になったりしますが

実は手間取る、線の衰えが出やすい…絵に描いた美女も何気に貴重だったりする?

こち亀 100巻までがおもしろかった の訳は…

こちら葛飾区亀有公園前派出所
09 /08 2016
2016年38号纏
今年の38号から、最後の水着回(まだ2回ありますが)は麗子でなく纏でした
すぐ気付くと思いますが纏は私が書いたモノで元ネタはこれです
2016年38号
思わず作ってしまった絵を使うための記事です
スキャン画像をそのまま上げるばかりでは芸が無いかと思いまして…
あと水着絵はも少ししっかり描けないかな…(これもイマイチだろ‼)というのもあります
コラや背景描いてみたいという人はこちらもどうぞ
2016年38号纏

タイトルの「こち亀 100巻までがおもしろかった」
よく言われる話で秋本先生もご存じのようです
現在最終回カウントダウンということであちこちの電子書籍サイトで1、10、20…120
節目の巻を期間限定で無料公開しております

こち亀、80巻くらいでフェードアウトしたのでこれを機に読んでみております
当方が気になった点の一つに
100巻のあたりで「水着絵はも少ししっかり描けないかな…」というのが

こち亀ジャンプの記事でもやりましたが麗子の絵の変遷
img242.jpg50766426_p0_master1200.jpg
13巻からこれ以前にもセクシー野球ユニなどありますが
隣はこのカットを当方が模写したモノです
img243.jpg
41巻は紹介したので46巻から
個人の好みはありますが水着絵はこの辺りがピークかも
img244.jpg
水着ばかりも何ですから58巻の扉絵から
矢吹健太朗ミウラタダヒロといった女の子が売りの漫画家の絵よりこちらの方が良いという人も少なくないのでは…
img245.jpg
90巻に収録の扉絵から、まだまだイケるというのは私だけか?
img237.jpg
こち亀ジャンプの記事でも紹介した101巻から
ちょっと厳しくなってきたか?

ここでキャラが変わってしまいますが110巻から登場の磯鷲早矢
img246.jpg
初登場シーン
img247.jpg
セクシーショット、麗子に比べるとオッパイは控えめのようで
う~む…顔にもう一手欲しい?線の滑らかさが足りない?
絵だけで勝負という漫画ではないのでこれで良いと思いますが…

この辺りから婦警の登場が増えて118巻で擬宝珠纏が登場
磯鷲早矢、擬宝珠纏、ネットの声だとアンチも少なくありません
こち亀 100巻までがおもしろかった
その辺りを境に絵の力が落ちているというシンプルな理由もあるのではないでしょうか

女キャラで漫画家を評価する変態漫画ファン
女キャラ&セクシーショット、漫画家の絵力の見せ所でそこを重視するのは実は効果的とか…

安上りな趣味?

実写おっぱい
09 /03 2016
9月になったので一度更新します
今回はもしかしたら得するかもしれない話で
マジ雀の涙ですが
img239.jpg
村田雄介著のヘタッピマンガ研究所R(リターンズ)から

ふざけているようだけど真理を語っているのかも
「かわいい女の子」
…そういえば漫画雑誌でも表紙に女性タレントを使ってないのって少年ジャンプ本誌くらいでは?

早めに結論を、時々雑誌に付いているDVD、稀に買値を上回るモノがあるという話なのです
直近の例で月刊ヤングマガジン8月号
img240.jpg
裏表紙のDVD内容紹介、人気どころをズラリと揃えております
先月DVDだけヤフオクに出してみたところ810円(送料別)に、
img241.jpg
定価税込500円の雑誌の付録なのに…
画質はインターネット動画そのままという感じでテレビで見るのはちょっとツライです
PCで小さくして見る分には丁度イイのですが
PDVD_078.jpgPDVD_079.jpgPDVD_080.jpg
水着アイドルで現在人気筆頭と思われる久松郁実
PDVD_081.jpgPDVD_082.jpgPDVD_083.jpg
人気が頭一つ抜けているのか3ショット企画で3回とも登場

しかし買値+の原動力はこちらでは?と睨んでおります
PDVD_084.jpgPDVD_085.jpg
都丸紗也華(とまるさやか)

モンストことモンスターストライクのCMの赤ビキニの子です
モンストのCMを見て誰この子?このレベルなら雑誌の表紙になっていそうだが…
などと考えて都丸紗也華というのには気が付きませんでした
都丸紗也華サン、初見では「ちょっと野暮ったい気がする」などと感じてノーチェックなのでした…

徳間書店の月刊エンタメで応募者全員サービスDVDというのがあったようで
それが高値で取引されている模様です

CMで話題に!しかしDVDは発売されていない!というレア感も大きいのではないでしょうか

写真集は今月22日に発売される模様、DVDも商機を逃さずリリースされる?

モンストのCM、3人いましたが都丸紗也華以外は目に入らないというのは私だけ?
他の二人も勝るとも劣らないレベルにしてみては…
PDVD_086.jpg
PDVD_087.jpg
久松郁実・柳ゆりな・都丸紗也華の3ショット
これでは目移りするから短いCMでは逆効果かも

検索していたら久松郁実サンはサードDVDが今月末に出るようです

セカンドDVDは大外れでしたが今回はどうだろうか?そろそろレア感が無くなってくるかな…
人気があると本数が出てレア感が無くなるのが難しいところです。

柳ゆり菜サンの方はイメージDVD2本、写真集1冊、主演映画もあるようで
それにしても何となく「昭和」っぽいと思うのは私だけだろうか?
連続テレビ小説「マッサン」で話題になりましたがレトロなルックスを買われた?

何だかんだとメディアに出てナンボ
いや写真集発行と同時に引退したけど写真集はレアに、という展開もありますし
雑誌・DVD・写真集…
儲けるのは難しいと思いますがアイドルグラビア関連、いくらか戻ってくる事もあるから安上りな趣味にするのも可能?

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。