いちご100% 映画ネタ

一般
11 /23 2016
またいちご100%から

いちご100%、気に入った理由は絵柄、荒唐無稽と現実感のバランスもありますが
映像研究部を作って自主映画を撮るという展開も大きかったです

しかし作中映画の具体的な作品名が出てくるのは少ないような
メジャー週刊誌ですからうかつに名前は出せない、というのもありそう
具体的な作品名、8巻でこんなコマが
いちご100% 8-img029
エクソシスト」母によると私にも因縁がある作品のようで
監督はウィリアム・フリードキン
刑事映画の傑作「フレンチ・コネクション」の監督か…
今度見てみないと
いちご100% 17-img080
17巻から、この数字、映画「オーメン」が元ネタでしょう
「悪魔の子 端本ちなみ」という趣でしょうか?
映画の方は見た記憶がありませんが
この数字の由来は新約聖書・ヨハネ黙示録との事ですから
キリスト教を信じていなければ気にする必要も無いかも
しかし当方「13日の金曜日」は信じているんですよね
実際酷い目に遭ったことがあるので
思い起こすと「14日の土曜日」になっていたとも取れますが…
やっぱり「13日の金曜日」は気にする性質です。

12巻の1シーンをセリフ改変
元ネタでも「ちょっと昔のアクション映画?」というセリフですが
美女にウケる特異体質の持ち主でも
こういう映画をミレニアム以降の女の子に勧めるのは止めた方がイイかも?
161120.jpg
セルジオ・レオーネ監督 チャールズ・ブロンソン主演のウエスタンのつもり
161121.jpg
サム・ペキンパー監督 ウィリアム・ホールデン主演のワイルドバンチのつもり

「ちょっと昔のアクション映画?」CGが無いと言ってるからシュワより前で
レイダース 失われたアーク」は万人受けすると思うが
ミレニアム以降の女子高生でも見たという人が多いだろうか
メル・ギブソンは好き、しかし「マッドマックス」は知らないというおば様もいたな…
ジャンプバトル漫画の源流「燃えよドラゴン」は?どちらにせよ女子ウケは期待できないか?
ド定番「スター・ウォーズ」…あまりにもメジャーか
しかしこれにしても「見た事ある」は過半数を超えていないというアンケート結果が印象に残っております
映画・漫画、有名すぎると思っても記事を書く意味はある?という一文を書いて締めてみます。
スポンサーサイト

いちご100% 最後まで読んでしまった

一般
11 /12 2016
10巻、まだ暑さも残る10月、真中淳平高校二年生
お友達の外村に西野と交際再開した事を教えるというシーン
いちご100%161110
まさかの交流復活⇒そして最後の最後で邪魔が入ったけど二度目の「据え膳」で
流石の真中も「彼女は西野」と決めた模様
とはいえ人の心などそう簡単には切り替わらないモノ
天地を受け入れられない東城、そしてさつき
二人とも真中への好意を断ち切る事が出来ません
いちご100%13巻
真中の方も西野と違う学校&浮気心が頭をもたげ
羨ましくも悩ましい学校生活を送る事に…という後半戦です。
画像のクオリティで分かると思いますが
上記はウソです
この作品、面白いのですが9巻の終盤で決着ついてるよなあと思い
イタズラしてみた次第です
西野とまさかの交流復活⇒二度目の「据え膳」
これ以降もグズグズしているとバッドエンドが待ってるというのもイイかも
いちご100%10巻
このシーンの後真中のモノローグで
“…最後に邪魔が入ったけど嫌いならこんな事しないよなあ…”
選択肢が発生
・西野に「好き」と言う
・さつきといるのが楽しい
・ホントは東城に告白したかった、今でも…
・いやまだ「分からない」

こんな感じで。

いちご100%面白いし終盤のシリアス展開も良い。
だけど結論を引っ張り過ぎ&バチが当たってもイイのでは?
高校二年で作中の時間経過が止まっているToLOVEる
高校二年の冬一か月半で決着をつけるアマガミ等も参考にしていたりして

・いちご100%を全巻読んでしまったので自分向けの雑記を書いております

いちご100%13-巻
凡人の予想 天地×さつきというのもアリそうと思った
共同戦線を張るが天地×さつきで閉じ込められる
天地は真中と違って我慢出来なかった…とかで
いちご100%10巻-
こんな美味しいシチュはないから漫画・アニメがあるのでしょうが
これで我慢する真中はオカシイと思う(少年誌とはいえ)
青年誌だと西野の前にさつきと関係が生じて…というのも出来そう

ラブコメというとすれ違い・勘違いネタ、携帯電話は大敵の気もします
電話、めぞん一刻の頃だと貧乏下宿・寮では呼び出しが普通、高校生でも携帯電話が当たり前になるのは
2000年…ちょっと早いか?今だと高校生でも携帯電話所有率9割という話も
携帯も10巻の冒頭みたいに「いよいよ…プルルル…あ、ちょっと待って」という使い方でブレーキに出来ますが
いちご100%11巻
真中は持っていないという設定、2002~2005年なのでまあアリか?

電池切れというのも毎回やるわけにはいきませんし
いちご100%10巻-1
ゆらぎ荘の幽奈さんの冬空コガラシは「貧乏」で携帯電話を回避

モテる友達、大草、狙い通り西野と二人になったので電池切れを装います。
いちご100%11巻-
いちご100%3巻いちご100%4巻
友達というのもあり皆得する方に話を持っていこうとしております
真中×さつき確定で自分は西野にアタックという狙いでしょう。

ラブコメ作品全般に言えるのですが主人公よりお友達キャラの方がモテそうな気がするというのは私だけ?
この漫画だと大草あとは外村ヒロシ、
企画力がある、面倒見がいい、機転が利く…等々
漫画の主人公「知らなかった」「聞いてないよ」というのが増えるからそうなってしまう?
バトル漫画ですが「北斗の拳」のケンシロウ、北斗神拳継承者なのになんでここまで蚊帳の外なんだろうと思った事も

サブヒロイン外村美鈴、描き分けがしっかりしているせいかお気に入りです
画像は15巻から、ハードな週刊連載だからなのかこの辺りは絵が荒れてるような
いちご100%15巻いちご100%15巻-
真中に対する評価は低いようで、東城・西野・北大路が真中を買い過ぎでフツーはこうなるよなあ。
いちご100%19巻
しかしいざ映画を作るってどんなチャチなモノでもかなりの労力が要るでしょうし一人ではムリ
(作中では一人で作れる、と言ってますが映画はムリだよなあ…一人芝居を撮影する?)
人を巻き込む力が無い美鈴は大学に入ってみて真中を見直すのでした…
いちご100%11巻-1
南戸は最後発というのもあるのかメインヒロインというより美鈴と同じ位のサブという印象
読者が親近感を感じるであろう普通の少年がC・ロナウドか?という位にモテるファンタジー
現実感を与えるスパイス、もしくはブレーキで美鈴のような役どころは効果的かも。
人の感じることは似てくるのか美鈴、人気があったようで最終19巻に番外編収録
この番外編、絵の美しさに磨きがかかっており見とれてしまいました。

19巻の後書きによると美鈴、作者を一部反映と思いましたが実在する辛口編集者がモデルとの事
美鈴、脚本はおろかプロットを作っている様子も無し「実は作品は作れない」というのも「編集者」を反映している?
あと理想のタイプは旧作映画好きということから「“冒険者たち”のアラン・ドロン」とか…
山田優みたいに「オーランド・ブルーム」などが分かりやすいと思いますが(現実は小栗旬)
これならキツイ性格と相まってなかなか彼氏が出来ないのも納得かも。
勝手に追加設定を考えてみました。

さつきの誘惑に屈するという現実的(人気グラドル級にしつこく迫られるというのでファンタジー)な展開は
少年誌なので却下!東城は仕掛けが少ない&引き過ぎ、普通は仕掛ける必要も無いのでしょう、
しかしこの場合さつき、西野がいるのは知ってるわけですし。
西野しかないとなった所でフランス留学を持ち出されるなど迷い続ける要素は用意しておりますが真中、据え膳スルーし過ぎだよなあ…
いちご100%13巻-1
13巻のおまけ漫画、ガチでこういうオチもありかも…そして自らの真の性癖を認めた真中は才能が開花
海外でもその名を知られる実写映画監督に…あれ?結構マジメな話になりそうな気も
LGBTの映画監督、ウォシャウスキー兄弟(姉妹)、ジョエル・シュマッカー、ガス・ヴァン・サント、フランソワ・オゾン、ブライアン・シンガー…
作品を見た事ある人に限ってもこれだけ名前が出てきます、リー・タマホリという映画監督が逮捕された実話、名前のままじゃんと思ってしまった。
東城の方も小説家ではなく著名映画人ですがジョディ・フォスターとかに倣って実は…
天地を受け入れらなかった理由はそれだったとか…ボツ‼

いちご100%10巻-2
最後に個人的に気になったコマを紹介
2年のクラスメイトでさつきと仲がいいモブキャラ
モブキャラと言っても名前があって「冬田涼子」と言うそうで
アマガミの棚町薫を連想してしまいました
北大路さつき、立ち位置が棚町薫に似ているよな…
棚町薫、実はこの「冬田涼子」をブラッシュアップしたモノだったりして?
と妄想してしまいました。

最後と言いながらおまけで18巻の1シーンをイタズラ
絵とマッチしてませんがこういう高校生集団も怖いかも
いちご100%18巻
いちご100%18巻-
美鈴の情報仕入れて付け焼刃…というのはどうでしょう?

いちご100%

一般
11 /01 2016
・漫画、違法でなく冒頭部分を無料公開というのが増えました
ジャンプ+などの出版社公式サイト、あと各種電子書籍サイト
漫画の冒頭部分を期間限定で無料公開というのをいつもやっている感が
この前ジャンプ+でいちご100%を64話、単行本で言うと8巻途中まで無料公開しており
今更ながらに記事を書いてみる事に

河下水希先生に注目したのは全3巻の短期連載でしたが「あねどきっ」が切欠です
「メチャ上手い」「キャラの頭身が高めなのが良い」という感じです。

いちご100%、魅力的なヒロインの間で揺れ動く主人公・真中淳平の学校生活を基本コミカル
時たまシリアスに描くラブコメです。

話の始まりは高校受験も近い中学3年の冬
主人公・真中淳平は学校の屋上で偶然目にしたいちご柄パンツの美少女が忘れられなくなります
幸いその少女の忘れ物と思われるノートを拾った真中
「3年4組 東城 綾」クラスも名前もしっかり書かれております
「4組⁉ 同じクラスじゃん~全然記憶にねーぞ…」
あのレベルの美少女なら印象に残っているはずだが…
フツーに考えるといちご柄パンツの美少女=東城綾
翌日友達の小宮山力也と大草と共に登校する真中
その事を話すと 
「いちご柄パンツの美少女は東城綾じゃないだろう」
という答えが返ってきたのでした…
その東城綾は…
161031 1-6
「地味」という感じは出てますがこれはこれでカワイイと思うのは私だけ?
間違ってもブスには見えない…
この後超お約束の展開になるのですが
あの状況から「いちご柄パンツの美少女=東城綾」しかないじゃん‼
地味だけどブスじゃないよなあ…
この辺りが引っ掛かって白けるとなるとこの漫画を読むのは
ここでオシマイになるでしょう。
161031 1-6-
ToLOVEるを参考に、メガネの冴えない子=目は描かない、というのはどうだろう?
超お約束というのは変わりませんが
もう一コマ加工してみる、右端が元ネタ画像
161031 1-18-1161031 1-18-161031 1-18
あまり度が強くなるとコンタクトは使えないという話もありますが
目をしっかり描くのはそのあたりを気にされていたのかも

ともかく「いちご柄パンツの美少女」あんな地味な子ではなかった
小宮山の話からいちご柄パンツの美少女=2組の西野つかさではないかという話になり…
161031 1-10
学年一のアイドル、超人気銘柄という設定

その夜「見ないで」と釘を刺されていますが東城綾のノートを思わず読んでしまう真中
ノートには彼女の書いた小説が書かれており…

東城の文才に惚れ込んだ真中、東城に自分は映画作家志望というのを打ち明けます
真中は他人に夢を話すのは初めてとの事、真中×東城すごくいい流れです。
しかし「いちご柄パンツの美少女=西野つかさ」と結論を出してしまった真中は
西野への告白のアドバイスを東城に聞くのでした…
161031 1-21
見た目は地味だけど東城の才能に惚れた真中、西野にも好印象を与えます。

学年一のアイドルと付き合う事になったけど
当然「いちご柄パンツの美少女=東城綾」なので
真中は何か煮え切らないまま日々を過ごし…という序盤です。

部活優先でちょっと無理目の高校を狙う事にした真中、学業優秀の東城もサポートしてくれる事に
161031 2-21
このシーンなどちょ~うベタなのですが笑ってしまいました。
10年以上前の作品ですがその時点でも「ベタ過ぎ」でボツを食らってもおかしくないような…
「ベタだけどアリ」画力以外だと「受験・迷い・将来の夢」といった現実感と荒唐無稽のバランスが良いと感じるから?

作中の時間経過、「ある学年で固定」ではなくどんどん経過していきます。
受験終了⇒高校へ、東城・西野以外にも魅力的なヒロインが真中の前に現れ彼の心を乱すのでした…

北大路さつき
161031 17-11
2巻の最後、合格発表の帰り道で初登場
真中といきなり口喧嘩というデビューです
その後も真中と出くわす度に口喧嘩になりますが
さつきは何故か真中が気になってしまい…
「喧嘩するほど仲がいい」と言いますが
ホントに相性が良くないというケースも少なくないような…
真中×さつき、真中の指の骨折を機にムードが変わります
さつきは真中にベタ惚れという展開に
読んだのは8巻まで+15巻ですが
この北大路さつきが一番のお気に入りです
いちご100%、読み進めたのは2巻の最後でこの子が出てくるのが大きい?
161031 21-5
真中の指の骨折の遠因を作ったお友達キャラ外村ヒロシ
何気に高学力、興味は年上限定で恋のライバルにもならない。
身近にいたら嬉しい?

南戸唯
161031 40-5
5巻、態度を決めきれない真中、遂に西野から別れを告げられ…
の直後に登場。
一歳下の幼馴染という設定、これも定番ですな。
西野と同じ名門私立桜海学園志望ということで真中の家に居候
妹のような幼馴染とはいえ赤の他人な訳で…
桜海学園つながりで西野ルート復活の切欠を作ります
8巻はこの子も真中争奪戦に参戦?という所で〆です。

メインは西野つかさ、東城綾、あと北大路さつきそして南戸唯
東西南北で真中が悩む、名前でポジションを表現。

いちご100%、全19巻とのことですが
さつきとイイ感じになったあたりから
「真中はっきりせんかい!」と思いながら読んでおります
巻数でいうと4巻のあたり…
長尺ジャンプラブコメ、ニセコイも無料公開で序盤+αを読みました
主人公・一条楽、これは評判悪いだろうなと思いましたが
結構読める、しかしこの調子で全25巻、相当間延びしてそうです
一条楽、評判悪いだろうなと思った理由は?優柔不断にならざるを得ない&パッとしないお坊ちゃん
特にヤクザの跡取りなのに腕っぷしが標準以下、長く続けてると「いい加減にしろ」「カッコいい所が少ないのに何故モテる?」
というのが気になりそうと思いまして。
真中淳平も似たようなものですが…映画作家志望で実際作品は作っているというのが大きい?
「実は和製スピルバーグ」くらいの才能を秘めているというならモテるのも納得出来るかも。
史上最高の映画監督は大袈裟だな…「第二の三池崇史」でも難儀でしょう。

最後にサブヒロイン外村美鈴に関する事を書きます
「外村」外村ヒロシの一学年下の妹です。
春休み、ソード・オブ・ザ・キング(時期からして元ネタはロード・オブ・ザ・リングでしょう)を
上映していた映画館で真中&東城に遭遇
161031 56-4
美鈴の辛口批評、ロード・オブ・ザ・リングにも当てはまっているような…
強いて言えばという程度で当方はスター・ウォーズ以来のカリスマムービーという評価です。
161031 57-6
お約束で泉坂高校映像研究部で再会

その後唯のお願いから漫画ならではのドタバタ展開で西野ルート復活?というムードになります

西野の助力で桜海学園から脱出した真中、映像研究部で美鈴が一言
161031 61-7
真中、5巻の西野の仕掛けで陥落しないのも変な話で
ああなると漫画じゃなければ復活しないよなあ…
ドタバタ展開の後にこの一言、ソード・オブ・ザ・キングの辛口批評、名画座を推奨
美鈴が作者に一番近いのでは?と思ったりしました
50~60年代の映画、当方は50年代まで遡るとちょっと疎くなりますが
ジャンプで当てる人は一味違うのでしょう。
全巻読んだらまたいちご100%で記事を書くかも?

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。