ジャンプ流 vol.15 村田雄介

一般
08 /08 2016

DVD付き隔週刊雑誌「ジャンプ流」15号は村田雄介先生ということで買ってしまいました
内容はvol.11と同様 複製原画・モ写用紙(どちらもA4)
DVD・20P(表紙含む)の小冊子「秘伝ガイド」の4点です。
これは全て同じかと思いますが
フブキ_弩S
付録の複製原画はコレです、ワンパンマンの人気女性キャラフブキの際どい衣装
…こんなのには引っかからないでしょうなあ
当方がトレス&色塗りしたモノです

トレス&着色はこれを使用、使いやすいと思いますが
ホントの複製原画は何?という人は雑誌「ジャンプ流」15号を入手して
チェックして頂きたいと思います。

以下ヘタッピマンガ研究所R(リターンズ)の話を交えながら内容に触れてみます
目玉のDVD収録の作画過程
白紙から色塗りまで収められております
絵はサイタマ&ジェノス、背景はナシです
色塗りまで全てアナログ、
線画を仕上げた時点で別の紙にコピーするとおっしゃってました
色塗りはコピックと水彩絵具使用
白は大量に使うので瓶のポスターカラーを使うとの事です。

鉛筆で消しゴムも使いながら下書きをしてペン入れ
時間短縮のため白黒原稿と同じくらいベタを入れるやり方でやるとおっしゃってました
線画完成…と思ったらジェノスの足の部分が気に入らないとの事でゴッソリ書き直し
修正時にもコピー機を使うとの事

作業中に「久保先生早かったもんな~」みたいな感じで「久保先生」という名前を時々出していたのが印象に残りました
ブリーチの久保帯人先生の事でしょう
…この冊子でもヘタッピマンガ研究所Rでもはっきり語っておりませんが
村田先生、作画は早い方ではなく結構気にされているのかも?

絵柄の割に作画が早い、あたり程度の下書きで清書出来る、線を一気に引ける
あと修正が少ない、無いのが理想…くらいしかないような
シンプルですが難しい…

DVDの収録時間は他も併せて67分ですが
これは朝から晩までかかっているんじゃないかなあ…
朝から晩まで、といっても勤め人のイメージで9時~17時で終わるなら早い部類に入るかも

後の制作スタジオ紹介でジャンプ40周年記念ポスターが紹介されておりますが
この作業方法であれを仕上げる…
仕上がりは置いておいて漫画家志望者が見習えるのは
「一に根気、二に根気」くらいか?

制作スタジオ紹介でちょっと写ったデビュー作「パートナー」の話を
上手い作家でも新人賞の作品というのは素人臭かったりするのですが…
Bxi6odWCEAApt06.jpg名称未設定
な、なんじゃこりゃあ‼
「凝ってる」「上手い」だけでなく「華」を感じるといえば良いのでしょうか
美大出たとしても
これだけ描ける人は極々限られるのではなかろうか?
この画像を拾ったブログ
村田先生のおじさんは「本当に漫画家になるとは思わなかった」
とおっしゃってますが
これなら話がまるでダメでも画業以外の道はあり得ないのでは…
興味が無いと違いが分からない?それとも反感を買わないように謙遜しているとか?
CkFg81WUkAAVRX8.jpg
高校時代に表紙を描いた冊子との事
…左に至っては高2になるのかな?これ美術教師は屈辱を感じたんじゃないかなあ…

ヘタッピマンガ研究所Rから、編集者も人の子ですから…
img230.jpg
持ち込みでこれ位上手い&16才というとビビったのではなかろうか?
秘伝ガイドの情報局によると「ヤバい」「気味悪いくらい上手い」と編集者の間で評判になったようです
img231.jpg
ヘタッピマンガ研究所R「パートナー」を載せても良かったかも
…「デビュー時点でここまで描けるモノなのか‼」ビビッて漫画を描くのを辞める人が増えそう…

・しかし人には弱点がある?
秘伝ガイド、どこまでぶっちゃけてるかわかりませんが村田先生
「ネームが描けない」「ネームに自信が無い」との話が
デビュー作のパートナーなど作画に時間をかけ過ぎてネームの描き方を忘れるとの事
ちなみにパートナーは一年がかりとおっしゃってました。
当時は学校もあったので無理もありませんが同じページを5枚ほど描いたという話も
腕前云々もありますが普通じゃそこまで凝れないよなあ…

村田先生、主だった作品は原作付きで原作はネームまでやっているようです
曇天・プリズム・ソーラーカー、これはテキストで貰った原作からネームを作っているのかな?
と思ってましたが原作でネームまでやっていた模様

原作側でネームまでやってるというのは大きいかも
img232.jpg
画力・仕上がりは置いておいてソロの作家は話~ネームもやってる訳ですし、1/10は誇張と思いますが

漫画の原作と言うとシナリオを思い浮かべてしまいます
古くは原哲夫先生、近年だと矢吹健太朗先生、矢吹先生の方はvol.11でネーム作りを紹介しておりましたが
テキストを基にネームを作って…ページ配分とかもあるよなあ…原作付きだから時間がかかるというのもありそう
原作の方が重要?いやワンパンマンの原作ONE先生もあの絵では…(失礼!私も背景はあの程度かそれ以下かも)
ワンパンマンは村田先生がアプローチかける前から評判になっていたようですし
モブサイコ100も当たっているようですし
「デビュー時点でここまで描けるモノなのか‼」絵がそこまで上手くなくても臆せず形にしてみるべき?
もしかしたらあなたにとっての村田雄介先生が見つかるかも
逆に絵が上手いけど遅い、面白くないという人も活動を続けていれば
あなたにとってのONE先生が見つかるかも

…何気にソロで当ててるONE先生
「絵はそれほど上手くないけど読めるネームが描ける」
の方が強かったりして…

最後に村田先生、漫画の方は半デジタルという感じになっているようです
コマ割、主要キャラ絵、フキダシ等をアナログで描いた後
背景等はスタッフがデジタルで描いている模様
img233.jpg
これはホントだった?
村田先生がデジタルにしないのは?
売れてる作家さんなので線画作業がガラリと変わるのもリスキー
あと際限なく修正してしまい作業が終わらなくなる…とかでしょうか

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。