ファイアーエムブレム 覚醒

ゲーム
05 /12 2014

・自由度、恋愛、悲壮感、さじ加減が難しい?
3DS本体、購入理由はこのファイアーエムブレム覚醒のためでした。
3DSでFE覚醒をやっていると電池切れになるのが早いです、DSライトで学習ソフトとか文学全集を使っていると「どういう仕組みになっているのだろう」という位電池が持ったものですが、電池は高機能化に付いてきていない感も。
この「覚醒」、今までのファイアーエムブレムシリーズと大きく毛色が変わっており章の合間にワールドマップ(フリーマップ)を自由に移動して屍兵討伐などの戦闘&買い物がいくらでも出来る仕様になっております。
ステージボスに止めを刺さず弱い武器で削って経験値と武器レベルを稼ぐ“ボスチク”は必要無くなりました。
DS新・暗黒竜と光の剣で導入した職種変更、DS新・紋章の謎からマイユニット、ユニットがロストしないカジュアルモードを引き続き採用。
覚醒、ユニットの散り際のセリフからはクラシックではなくカジュアルモードを標準にしている印象を受けます。
ボスチク無用、ロストしてもリセット無用のカジュアルモード、昔からのファンは物足りない?
章のクリア条件も「敵全滅」「敵将撃破」のみに、
フリーマップの雰囲気と合わせてタクティクス・オウガを思い出してしまいました。
img072.jpg
任天堂のゲームで初の有料DLCが導入されたソフトでもあります、私も家電量販店のポイントで・・・プリペイドカードに現金を使ったかは記憶にありません。
熱中するマニアにおカネを使ってもらわないと厳しいはずなのでこれはこれでアリかも?とはいえこういう「有料」追加コンテンツ、ゲーム本編より“客”は減るのは確実なので内容の充実も厳しいでしょう。

・あちらを立てればこちらが立たず
「覚醒」は各マップの出撃も強制選択はほとんど主人公クロムのみ、クラスチェンジもクロム、マイユニット(ルフレ)含めて自由です。
強制出撃とクラスチェンジに関してはあまりに縛りが多かった「暁の女神」の反省点を踏まえているのかも
「覚醒」「暁の女神」から一転、育成・ユニット選択の自由度に関してはシリーズ一番という内容になりました。
しかし章の合間フリーマップを自由に移動して育成、買い物が出来る仕様から
“敵地から脱出しているという設定なのにマップを自由に移動出来るのはいかがなものか?”
“こちらが強すぎて戦闘に緊張感が無い”
という意見もあるようです、私も前者は気になりました。
職種変更(チェンジプルフ使用)もDS版のようなやっつけ感というかチープさは無くなった、と私は感じましたが
ユニットのビジュアルと合わない、特性が無くなってしまうという意見も。
私の「覚醒」ゲーム全体の評価は「暁の女神」より良くなったがシリーズ最高傑作は「蒼炎の軌跡」で変わらず、という所です。

・変化の兆し
DSのマルス王子編リメイクで採用した職種変更・マイユニット・カジュアルモード
DSリメイク版は「覚醒」の予行演習という面もあったのかも。
次回作の新要素・・・私は途中で出てくる選択肢が気になりました
今回はどの返事を選んでも加入するユニットやストーリーに変化はありませんでしたが
次回作はこれもタクティクス・オウガみたいなマルチストーリー、エンディングを企画しているのかも。
実現すると興味深い作品になりそうですがマルチストーリー、エンディングをやると支援会話が犠牲になるかも。

敷居を下げるためロストなし、育成もやりやすく、⇒緊張・悲壮感が薄く
しかしファイアーエムブレム、売上的にはSFC紋章の謎がピークで以降漸減傾向
DSブームも手伝ったのか蒼炎・暁のテリウス大陸編(こう言えば良い?)を底に切り返し傾向のようです。
ネットでの評価は高いが実はSFC聖戦の系譜でかなりファンを逃がしたのでは?
加えてプレイステーションの台頭でファイアーエムブレムの売り上げも漸減傾向へ、とか。
しかし私が最高傑作と思う“蒼炎”が売上的には底、何が拙かった?主人公アイクはもうちょっと色気を出しても良いのでは・・・くらいか?
完結編の“暁”でエリンシアあたりと支援Aエンドがあっても良かったかも?とは思ったりしました。

「覚醒」アイクが女に興味無さすぎなので次回作では恋愛要素を前面に出しても良いかも・・・とはいえマルス王子編から思い切り踏み込んだ「聖戦の系譜」ネットでの評価は高いがあれから売り上げが落ちているという事実もあるしあれを踏襲するのも・・・みたいな感じで今回の設定に落ち着いたのだろうか?映画ターミネーターみたいに子世代は滅びの未来から来たという設定で親子世代共闘という形に、親世代も残るのでカジュアルモードだとキャラ過剰の感もありますがこれはこれでアリと思います。個人的にはこういう男女のカップリングはエンディングの後日談が変わる程度が良い気も。
こういう多数のキャラが登場するSRPG、戦闘システム、シナリオに加えて自由度、恋愛、悲壮感、などなどのバランスが大事でそのバランス取りが難しそうです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。