砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード

1970年代洋画
07 /02 2017
・バイオレンス西部劇と思いきや…
人気イラストレーターマツオヒロミ先生のツイートで
サム・ペキンパー監督に触れているものがありまして
それが切欠で記事を書いておくことにしました。

マツオヒロミ先生、作風通りにアクション・バイオレンスには興味ないとの事ですが

“ペキンパーの人へのまなざしが優しくて好きです。メキシコの乾いてる感もいいんだよなー。”
とのことで。

当方も最高傑作と言われる「ワイルドバンチ」そして最も興行面で成功した「ゲッタウェイ
銃撃戦の迫力・上手さだけでなくその合間の「静」の描写も味わいがあると思っていたので
嬉しくなりまして。

非バイオレンスのペキンパー作品は2本ありまして
「砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード」
あとは「ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦」
銃が全く出てこない、死人もナシとなると「ジュニア・ボナー」のみになるでしょうか。
「コンボイ」も死人は出なかったかな…
マツオヒロミ先生はケーブル・ホーグのバラードはご存知との事
あとは「ガルシアの首」もお気に入りのようです。

・セルフパロディも入れている?のでワイルドバンチの後がお勧め
今回は非バイオレンスのペキンパー作品から
「砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード」で

以下内容に触れながら進めてみたいと思います
ファーストシーンは主人公ケーブル・ホーグがオオトカゲを捕まえようとしたところで…
170701 (1)
ワイルドバンチの冒頭、子供たちがサソリをアリの集団に襲わせているシーンを連想してしまいました。
170701 (2)
主人公ケーブル・ホーグ、演ずるはジェイソン・ロバーズ、ウエスタンにも出演しておりました
見た目は厳ついが悪人ではない。役どころが似てくる?

ホーグはボウエンとタガートに裏切られて砂漠の真ん中に置き去りに…
170701 (3)
この二人ワイルドバンチではロバート・ライアン演じるソーントン率いる追跡団の一員でした
裏切りの動機は水が乏しいとの事で
「三人旅の一人乞食」これは真理かも?

いよいよ限界…となった所で水場を発見
神の導き?野生の本能が目覚めた?

通りかかった駅馬車の御者によると町から町まで60キロ
その中間点に水場があれば…
170701 (6)
金塊より価値があるという話
金も欲しいですが水を飲まないと死んでしまいますからね…
170701 (7)
女好きの胡散臭い牧師ジョシュア、これが良い味を出しております
ジョシュアとの会話で土地の登記が必要と知ったホーグは急いで町に…
170701 (8)
ホーグが町で最初に声を掛けたのはセクシー美女、その生業は売春のようで…

土地の登記までは漕ぎつけますが
駅馬車屋には話を信じてもらえず叩き出されて銀行へ…
銀行から開発資金を借りる、ここまで来ると大銃撃戦に持っていくのも
話の筋がおかしくなるでしょう

35ドルの申し込みでしたが100ドルを借りたホーグ、思わず売春宿へ
170701 (9)
何日も砂漠にいた訳ですから…こういう細かい描写が良いです
この売春婦「ヒルディ」というそうで
いよいよ一戦…となったところで牧師の説教が聞こえてきます
内容云々ではなくジョシュアの事を思い出したホーグは
こんな事をしている場合ではないと思い直し…
170701 (10)
やってはいないけど金を払えと言うヒルディと一騒動に、この辺りも楽しいです。

ホーグはジョシュアと共に町へ
ホーグはヒルディの機嫌直しに成功して仕切り直し
ジョシュアは町で曰くありげな美女を見つけ…
170701 (11)
この後さりげなく室内チェック、この役者は上手いと思う
170701 (12)
インチキ牧師の本領発揮で未亡人ゲット?

水場の整備に取り組むホーグとジョシュア
ホーグの身の上を聞いたジョシュアは復讐は止めておくべきと諭します
170701 (13)
インチキ牧師でもたまには良い話をする?
何となくですがペキンパー監督の「復讐」に対する考えはここのジョシュアとほぼ同じではないかと思ったりします。
170701 (14)
ジョシュアと共に馬車の駅を切り盛りするホーグ
選択肢が無いから少々サービスが悪くてもゲテモノ料理を出しても大丈夫?
170701 (15)
ジョシュアは旅立ち入れ替わりでヒルディが
町の「善良な方々」に追い出されたとの事
170701 (18)170701 (19)
オッパイが見える?というのもありますがお気に入りシーン
入浴の合間に不穏な馬車が…無防備なところにボウエンとタガートがやってくる?
バイオレンス派のこの監督だと…狙ってやっていると思う。
170701 (20)170701 (23)
NTRがバレてピンチになったジョシュアが逃げ込んできます
ヤバい状況でもイイ女がいるとお触り
170701 (25)
三人揃い踏み
しかしジョシュアを警戒するあまりかホーグの一言がヒルディを傷つけてしまい…

ヒルディとジョシュアが去り一人馬車駅を切り盛りするホーグ
170701 (26)
遂にボウエン、タガートと再会
ヒルディが残ったままだと
「この女はおれ達がいただくぜ」みたいなドロドロ展開
かといってジョシュアがいると緊張感が無くなるし…
この映画登場人物の入れ替えタイミングが良いと思います。

成りはキレイですがボウエン、タガートはコソ泥稼業で食いつないでいる模様
170701 (28)
駅を荒らしに戻ってきます
170701 (29)
ガラガラ蛇、砂漠では貴重な蛋白源なのでしょう
170701 (27)
ボウエン、タガートは金を隠していると思われる穴の中に…
170701 (30)
穴の中にガラガラ蛇が投げ込まれます
この映画、良質なドラマに仕上がっていると思いますが
ワイルドバンチからの作風の変化に怒った日本の配給会社が
このシーンから「砂漠の蛇地獄」という邦題を付けてB級映画として
紹介しようとしたという話が
(昔の新聞記事の記憶が頼り)
ダラダラ書きましたがこの一文を書いておくのが目的です

ホーグは二人を殺すつもりはありませんでしたがタガートが銃を手にしたのでやむを得ず…
この映画、死ぬのは序盤・最初に水場にやって来た客、タガート、そして…

ボウエンは砂漠を水なしで歩かせるのは勘弁してくれと泣きつきます
タガートが主導権を握っていてボウエンは腰巾着だった模様
「三人いれば派閥が出来る」これも真理かも
そこに馬が無い馬車が…
170701 (31)
デザインは置いておいて現代では自動車が無い風景を探す方が難しいかも
出たての頃はどういう風に思っただろうか?
驚きは携帯電話の比では無いと思いますが
PDVD_042.jpg
ワイルドバンチでも印象に残るシーンが
自動車で西部開拓時代の終わりと管理社会の到来を表現しているのでは

早くも馬車の時代の終わりを予見したホーグは
駅をボウエンに任せてサンフランシスコに旅立つ事に
そこに車に乗ってヒルディがやってきます
上手く金持ちに取り込めたようで、この見た目なら説得力あるかも
170701 (16)
ヒルディ⇒ステラ・スティーヴンス
二年後のポセイドン・アドベンチャーではもっとオバサンオバサンしていた記憶が
衰える間際の美しい瞬間を切り取ることに成功している?

しかしヒルディが乗ってきた車の手入れで思わぬ事故が…
170701 (32)
最終盤でジョシュア牧師再登場、馬がサイドカー付きのバイクになっております。
車の事故で背骨をやられたのかベッドから動けなくなってしまったホーグ
ホーグは生きてる間に葬式での別れの言葉を聞いておきたいとジョシュアに語りを頼みます
ヒルディたちは縁起でもないとホーグを嗜めますが…
この映画三人目の死者は主人公ケイブル・ホーグ、自動車事故で
ホーグの葬儀の後馬車の時代の終わりともに廃れていくであろう「ホーグ・スプリングス」の
全景を映し出して映画は終わります。

ハッピーエンドではありませんが観た後の余韻が良いです、ワイルドバンチもそう思いましたが
何が秘訣だろう?エロ目的ではありませんからヒルディを一度退場させるなどドロドロ展開にならないよう
気を使っている?
しかし次作「わらの犬」は日本人のお株を奪うドロドロ陰湿、レイプチックNTRもアリ
サム・ペキンパー監督、役者は同じ人を使うが作品自体は意表を突く展開を好む方だったのかも。
「意表を突く」作家にしても得意の形というのがあるはずですから
言うほど簡単では無いと思いますが…
たまには今主流のアメコミ物とかの話を上げないとと思いつつ
クラシック映画ネタを一つ増やしてしまいました。
ツタヤ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。