ルパン三世 さらば愛しきルパンよ

アニメ
06 /22 2014
「ルパン三世」小栗旬主演で実写映画になったようで
予告や画面写真をみた感想、香取慎吾の「こち亀」を思い出してしまいました。
衣装がアニメそのままの色使いだから?急いで作りました!という感じの真新しさ?何か安っぽく見えてしまう・・・
ともかくルパン三世、ここまで残っている理由・・・名作「カリオストロの城」など
宮崎駿監督の功績の一つでは?と個人的には思います。

スカパー、アニマックスでルパン三世TV第2シリーズを見ていましたが
傑作と名高い「死の翼アルバトロス」と最終回「さらば愛しきルパンよ」は未見。
そこで上記2作品が収録されているLUPIN THE THIRD second tv. Disc25、26をレンタル


・荒唐無稽というのは変わらないのですが
ルパン三世のアニメ、再放送を何回もやっているはずなのでもう何回も見ている・・・
という訳でもなく全く記憶にない話が多数、というよりほぼ全て。
第2シリーズの赤ジャケルパン、テレビで飛び石でなおかつ私が見ていたのは前半がメインなのかも。
ルパン三世のTVアニメ、正直今見ると荒唐無稽すぎて興ざめしてしまう話も少なくない・・・
スカパーを辞めたのも「もうレンタルDVDとかで目的の回だけ見れば良いかな」というのもありました。
「死の翼アルバトロス」絵の感じ、動きが宮崎アニメです。不二子強すぎ・・・ナウシカみたいです。
TVアニメだから毎回このクオリティというわけにはいかないのでしょう。
「さらば愛しきルパンよ」噂に違わぬ素晴らしい出来でした。これだけのラストが用意されているなら途中つまらない
話があっても見続けるのがユーザー、視聴者、ニートの義務かもしれません。
「死の翼アルバトロス」「さらば愛しきルパンよ」絵の出来が他の回と一線を画している、というのはわかるのですが
他の回と決定的に違う良い所、と言われるとなかなか言葉が出てきません。
荒唐無稽すぎて興ざめ・・・それを言ってしまうとこの2作品も同じになってしまうのですが
PDVD_003.jpg
最終回「さらば愛しきルパンよ」から「天空の城ラピュタ 」に出てきそうなロボットが
1981年の東京をパニックに陥れます。
PDVD_004.jpg
急遽帰国し警視総監と面会する銭形、言動からして正体は・・・
思っている通りの展開になるのですがこの回は面白い。
ここで下手に裏をかく、奇を狙うとつまらなくなりそうです。
「死の翼アルバトロス」「さらば愛しきルパンよ」の宮崎駿監督の2作品、
兵器産業を風刺・批判しつつも高い娯楽性は失わない、全盛期の天才作家の為せる技かも。
こういうオチが用意されているアニメが多ければ“クール・ジャパン”でもなんでも
積極的に海外進出するのは結構な事だと思います。

しかしこれ位の最終回が待っているアニメ・・・なかなか無いのでは?
だからルパン三世がここまで残っているのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。