るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

一般
07 /30 2014

ジャンプコミックス(JC)で読みました、読み切り掲載、キャラ創作秘話、フリートークなどサービス満点の内容でした。

佐藤健主演で実写映画3部作になった作品です
この作品が掲載されていた週刊少年ジャンプ、漫画ならではのキャラの破天荒さとストーリーの多少の矛盾は吹き飛ばす勢いが魅力という感が。
アニメならともかく実写には向かない作品が多いのでは?と思いますが
ジャンプ漫画+ある程度名が通った作品(目安は単行本15巻以上で)何か一つ実写にするとしたら(何故実写に?という根本的な疑問は無視)
私も「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の名前が出てきます。

キン肉マン、北斗の拳、ドラゴンボールなど数々の超人バトル漫画を生み出してきた週刊少年ジャンプ、
バトル漫画でストーリーがしっかりしていて最後まで読めるモノ・・・
シティーハンターはバトル漫画か?と言えばちょっと違う気がしますし終盤のパワーダウンも気になります。
花の慶次-雲のかなたに-は時代小説原作、オリジナルモノ限定となると“るろうに剣心”くらいしか出てきません
それだけラストまでしっかり、というのが難しいのか?私が知らないだけだろうか。

この漫画の連載当初は私も週刊少年ジャンプを読んでおり
「るろうに剣心」の読み切りを読んで「面白い作品だな、多分連載だろう」と思ったのを覚えております
読み切り&序盤は派手さと現実味が上手い塩梅でバランスしておりこの点も実写化の企画が進んだ一因では?
鵜堂刃衛(これも超人ですが)との対決、ガトリングガン(マキシム機関銃?)を使う武田観柳、弥彦の没落士族撃退のエピソードなど
しかし漫画ですので志々雄一派との対決あたりから超人バトル&設定のオンパレードになるのは止むを得ないところです
序盤のバランスに留めておくとストーリーが続けられないだろうな・・・

この漫画は京都編まで(実際JC17巻でキレイに中締めしております)という意見を良く目にします、JC18巻以降の人誅編、アニメ化されておりませんし評判も今一つですが
前提になっている剣心の前妻・巴の設定も連載前に考えていたそうで悪くないと思います。
評価が今一つの原因、当方は悪役・雪代縁では?と。
日本転覆を目論む元維新志士の後にシスコン気味の復讐者というのも・・・
バトル漫画なので志々雄同様剣心を「あわや」というところまで追い詰めないといけない
しかし強さに説得力を持たせる背景はどうしようか・・・連発銃では話にならないし・・・
さすがに力尽きた感が、劇中の登場人物のセリフに迷いが見え隠れします。
劇中では明治11年(1878年)という設定で史実の人物も出てきますのでジャンプの他作品に比べて
現実味を大事にしていた感が、序盤の展開、剣心の相棒・佐之助の右手が中盤以降常に負傷中など、
あとコミックス中の文章から“時代物”という枠は意識されておられたようです。
人誅編の薫は実は!という展開でぶち壊してしまったと言われておりますが
明らかに後付けの「北斗の拳」あたりに比べると相当良く出来ているのでは・・・。
ともかく現実味というか時代物の枠を意識している分縁の強さに説得力が無いのが気になるのかも
最初からキン肉マンみたいなノリならこういうのは気にならないと思いますが。

img080.jpg
主人公剣心とヒロイン薫、上がジャンプコミックJC1巻、下がJC28巻
img078.jpg
女医高荷恵、画像はJC4巻から、実写では蒼井優がキャストされました
img079.jpg
中盤から登場のくノ一巻町操、JC8巻から、色気を抑えた元気少女というキャラで

JC16巻の帯書きで“キャラが地味”“かわいい女の子を書くのが下手”と自虐ネタを使われておりますが
確かに女の子の絵に「色気を感じない」というのは私だけだろうか、もちろん下手では無いですし話の進行上「かわいい女の子」はこれで問題無いのですが・・・私が原哲夫先生のファンなので劇画調が好み?
しかしスタジオジブリのアニメ、他にはこの作品のアシスタントをしていたという尾田栄一郎先生の女キャラなどには色気を感じますし・・・
何故か絵に色気が無い、とはいえキャラ立て・悲壮感の持たせ方などシチュエーションが良いですし原作でも剣心と薫の子供が出てきて終わるというのもあり「そっち」方面の同人誌はあるようです。
人誅編の雪代縁がイマイチという話もしましたが「キレイにまとめている」という点でこの作品は秀逸だと思います。
去年の話になりますがフジテレビのジェネレーション天国という番組でジャンプ漫画のランキングというのをやっておりました、そのランキングでは「るろうに剣心」ベスト10入りならずという結果に。
たしか30~40代のミドルエイジが選ぶランキングの11位だった気が
キレイにまとめているのだが・・・“キャラが地味”“かわいい女の子を書くのが下手”これが大きかったのかも
だからこそ無理な引き伸ばしが無くキレイな結末を迎えることができたのかもしれません。
ドラゴンボール並みにキャラグッズがバカ売れ、という作品だったら人誅編以降も引き伸ばし、とかなっていそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。