ウルフガイ 狼の紋章

おっぱい漫画
01 /27 2015

エロよりもグロ&バイオレンスがメインの漫画と思いますがエロが無ければ読まなかったと思うので当方はおっぱい漫画のカテゴリーに入れております。

久しぶりに北斗の拳以外で更新してみます、ヤングチャンピオンに掲載されていた「ウルフガイ 狼の紋章」の感想など
読んだきっかけ、ある日ダラダラネット検索をしていたらこのページに行き着き「おっ」と思った次第です。
この作品、女性キャラの作画が良いと当方は思います(グロ・背景etc全てハイレベルですが)
ウルフガイ青鹿
薄幸のメインヒロイン青鹿晶子、中学校教師です、爆乳。
ウルフガイ小沼竜子
不良グループの女、小沼竜子、中学3年生、悪役・羽黒獰(はぐろどう)の女でもあります。
ウルフガイ優等生
生徒会のマジメ女子、木村(メガネの方)&杉岡、中学3年生、
舞台の博徳学園、羽黒率いる不良グループが北斗の拳状態(結局“北斗”と言ってしまう)ですのでこのルックスならそっこーレイプ(DMCから引用)されそう。
主役の犬神、悪役羽黒、そして同級生の面々・・・絵は上手いのですがどうみても中学生には見えない・・・
リアルな画風に加えて7~8頭身のモデル体型が目立つというのが効いているのだろうか。
この見た目なら高校・・・いや大学生という設定がしっくり来るのでは・・・。
主人公の犬神明「種」の違いから不良の攻撃を受けてしまうという設定(しかし女にはモテる)なので高校以上だと「行かなきゃいいじゃん」となってしまうか。

この作品、1970年代初頭に一世を風靡した小説が原作とのこと、作者の平井和正氏は今月17日にお亡くなりになったようです。ご冥福をお祈りいたします。
映画化もされておりあの松田優作が悪役羽黒獰役で出演しているようです。
小説も映画も未見ですがこの漫画版に関しては羽黒獰の方が主役といっていいかも
エロ抜きで評価となると羽黒獰がアリかナシかでこの漫画が面白いかどうかが決まってくると思います。
当方の感想は・・・5巻収録のターニングポイント、変身した犬神と羽黒が対峙するシーンから
ウルフガイ5-1ウルフガイ5-2ウルフガイ5-3ウルフガイ5-4
ウルフガイ感想
この記事はこの画像を使いたかったから書いたようなものです。セリフにマッチした迫力ある絵ということでバガボンドの祇園藤次を流用してしまいました、なぜ殺さないかは語っておりますが直前に出自不明の黒人ヒットマンを殺しているのでその流れで羽黒を殺しておけば千葉(男)も青鹿先生も羽黒にレイプされなかったのでは・・・話が続かなくなるというのはわかっていつつも。

羽黒が犬神の正体を知ってから「人類代表」の羽黒が狼男・犬神明をどう追い詰めるか!という展開に。
しかし漫画とはいえ羽黒があそこまで強い&強くなるのに説得力が乏しいです、特に怪物化した千葉を撃退したあたり。黒い怨念?という描写はあるのですが。
羽黒が使っている日本刀は呪われた妖刀みたいな設定もあった方が分かりやすかったかも?
犬神も羽黒が千葉に常軌を逸した残虐行為を行なった時点で自分から仕掛けて羽黒を消すべきでは・・・羽黒の望み通りになるとはいえ。
対決を引き伸ばして状況を悪化させないと青鹿先生のレイプシーンが無くなってしまうのでおっぱい漫画というのは大ハズレではない?かも。
人間羽黒が悪役、怪物・狼男の犬神が主役、原作小説はこちらの方が先ですが映画「アバター」を連想したりしました。
羽黒の振舞いの凶悪さ&執拗さで「人間」を表現したいというのもあるのでしょうが
ここまでの下衆だと主人公をそこまで追い詰めることなく派手に惨めにやられるという展開がいいな・・・
お決まりの展開ばかりではつまらないとは思いつつも。
というわけで絵は凄いけど「かなり読者を選ぶ作品」(漫画ってほとんどそうなってる気も)という評価で〆ます。

エロ目的だと8巻が中心です。青鹿先生が良く描けているのもあり終盤はカワイソウになってきました。

ウルフガイ脱力
ギャグっぽい絵も良いです もっと軽い話&展開の作品でも良いのでは?
この漫画、作者は作画:泉谷あゆみ 作監:余湖裕輝 脚本:田畑由秋 原作:平井和正
作画・脚本(原作)というのはよく聞きますが漫画の作監って何だろう・・・?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。