ブログの説明

はじめに
02 /01 2015
・タイトル改題を機に説明を追加しました
このブログ始めは名作映画の話の合間に漫画、
あとは記事にできる数は少ないですがアニメ、ゲーム、ドラマといった映像作品の話を
と思ったのですが
ふと気が付くと反応があった漫画北斗の拳の加工ネタばかりになっているのと
映画にしても北斗の拳など漫画に関連付ける事が多い気が
「金字塔を求めて」というのも仰々しすぎるな、と思い改題しました。

以前の記事にも書きましたが「漢」「強敵(とも)」ではなく
当時の原哲夫先生の描く美女、特にマミヤに魅せられていたという捻くれ(変態)「北斗の拳」ファンです。
当方の北斗の拳の加工ネタ、笑いよりエロの比重が大きくなっておりますので
エロは嫌という方は閲覧ご注意願います。
なんとか青年誌の範囲と思いますが・・・。

記事数が増えたらエロネタと笑いを狙ったネタ、ケンシロウって実は・・・ネタの分類も検討しております。

当方の日記、画像作成の練習も兼ねておりますので北斗の拳以外も引き続き載せてみる予定で

拍手コメントはいつかいただきました
コメントを見返すのも楽しみなのでコメントも歓迎しております。
罵詈雑言でなければ。

原哲夫先生の漫画にドキッとしたのは伝説のマミヤさんのヌードを除くと
アミバ編のこのシーンが最初です。
img094.jpg
あと当時ジャンプを斜め読みしていてふと目に留まったシーン
img095.jpg
赤ん坊とはいえうらやましくなってしまう。
原哲夫先生の絵ってエロいよな・・・と子供心に思っていたのでしょう。
無視されても「愛とか漢、グロは控え目にしておっぱいいっぱい描いて下さい」と正直に手紙を出せなかったのを後悔しております。
北斗の拳エロネタの動機はそんなところで・・・やっぱり許せん!となるかな・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。