荒野の用心棒

1960年代洋画
02 /18 2015

DVDの中古でもあまり安くなっておりません、レンタル版だと名声優、山田康雄氏の吹替えはナシ、少々おカネを使ってもあの声を聴きたい、というのが価格に表れているのかもしれません。
加えてあの至高の主人公登場シーン・・・DVDは吹替え音声が無いシーンはスキップ再生モード付とありそうで無い仕様になっております、これは良かったです。

前回意外な展開の映画が好きと言っておきながら
今回は最強王道シーン!と思う映画の話にします
漫画北斗の拳のラスト、バットに回復不能の一撃が・・・そこでマミヤが動きマミヤもボルゲに殺されるとなった時に・・・
などなど「ピンチの所で主人公登場!」
北斗の拳だけでなくシティーハンターや他の漫画・アニメ・映画などでもお約束のパターンですが
このお約束のシーンで一番良かったのは・・・映画「荒野の用心棒」の名前が迷わずに出てきます。

荒野の用心棒
初見は高校生の頃の金曜ロードショーだったと思います。
クリント・イーストウッド、アルカトラズからの脱出を見てあまり面白くない俳優だなと思っておりましたが
この登場シーンで私の中では「神」の一人になってしまいました。
野球に例えるとド真ん中&ド直球なのですがこのシーンは背筋が痺れます。音楽?俳優の魅力?話の流れ?簡単にマネ・再現出来るなら世の中傑作ばかりでしょう。
夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」も見ましたが主演イーストウッド&監督レオーネは当方はこれが一番です。
「荒野の用心棒」が一番良かったという評価「続・夕陽のガンマン」の方がネットでの評価は高いのですが中古DVDの価格だと逆になっている感が、黒澤明監督の用心棒を無断翻案したのは有名な話なので素直に評価しづらいというのもあるが…だけどおカネは正直という展開かも。

マッドマックス2北斗の拳、は有名ですが当方は北斗の拳の方が好きです、原哲夫先生の絵の魅力&色気というプラス点で。
同様に、なのか当方は下敷きの用心棒より荒野の用心棒の方が好きです。
こちらの用心棒からのプラス点は主人公の「名無し」が痛めつけられてからラストシーンまでというところでしょうか。
荒野の用心棒-
洞窟で体の回復と来たるべき対決のため牙を研ぐ、という感じのシーンから、この辺りもカッコいいです。
荒野の用心棒1
ラモンなどロホス一味を相手に一人戦いに臨む「名無し」秘策は・・・このシーンのアイデアはバック・トゥ・ザ・フューチャーでもオマージュされているようで。
無断翻案・借用でも一つキラリと光るモノがあれば本家を凌ぐこともある?好例では。しかしその一つが難しいのでしょう。
ここで頭を狙えば・・・というのは中盤を良く見ていないのと「粋」が分からない野暮天と言って良いのでは。
映画監督ではサム・ペキンパーが一番好きと書いておきながらセルジオ・レオーネの映画が3本目ということに
「乱戦」のペキンパー、「決闘」のレオーネという感じでアクション描写の元祖にして定番では、と当方は思っております。
この荒野の用心棒とウエスタン「決闘」描写の上手さで日本の娯楽シーンに与えた影響はセルジオ・レオーネの方が大きいかも、というあて推量で締めてみます。
img096.jpg
北斗の拳のこのカット、荒野の用心棒からインスパイアされてるとか?ラストの決闘で名無し=イーストウッドが立ち上がる姿を連想してしまう・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。