久松郁実 ヤングマガジン2015年49号

一般
11 /04 2015
・漫画雑誌を表紙買いしてしまったので日記代わりの記事です
当方雑誌より単行本派でその単行本にしても新品で買うのはTo LOVEる―とらぶる― ダークネスくらいなのですが
今週のヤングマガジンの表紙、久松郁実クンがイケていたので買ってしまいました
img144.jpg
グラビアの娘が目当てで雑誌を買うならチマチマ雑誌を買わずにこういうのを買った方が良いかも

当方DVD好きですが写真集はあまり好きではないんですよね。何故と問われると困りますが。カレンダーも嵩張るから見送るか…う~む我ながら浅い…

久松郁実クン、Cancamモデルでもあるそうで、Cancamモデルなら山本美月というと「知ってる」という人の方が多そうですが
この子はまだまだでしょうな。山本美月もいいけどこちらの方が野郎受けするのでは?と思ったりしますが。
桐谷美玲など細すぎ?という人の方が女性ウケして商売になるからメディアへの露出が増える、とかだろうか。

ここまで漫画の方には全然触れておりません、普段読んでいないモノをジックリ読むのも結構辛いものが(私だけ?)
ヤングマガジンで今一番有名なモノ「監獄学園」でいいのだろうか?
作者の平本アキラ先生、アゴなしゲンとオレ物語の初期と同一人物とは信じられない…絵が上手くならない人も結構見受けられますがそういう人はセリフ回しやギャグなど他で光るモノがあるのでしょう。
彼岸島はまだやってるのか…
あとはあれ?この人ヤングジャンプに載せてた人じゃ…というのが印象に残りました。

・人は何がしか弱点がある?
水着アイドル一撃で雑誌を買ってしまう、
実写の水着マッチョ男が表紙だったら…
喜ぶ人も中にはいるでしょうが少数派すぎて商売にならないでしょうな。
トム・クルーズとか西島秀俊とかの人気俳優だったらどうなるだろう?
水着は変ですが上半身裸+ズボンのマッチョ男絵が表紙なら水着アイドルより売れるモノがあるかも
キャラが孫悟空(DB)、キン肉マン、ケンシロウ…ルフィはマッチョではありませんな
一時代を築いたバトル物という例外はありますが美女に敵う者はない!?
…しかしモデル出身女優、演技力の低さに非難が集まるというケースが少なくない気が
本田翼、山本美月(山本美月は私は酷くないと思うが、しかし今時ギャル以外の役は出来無さそう)
山田優は歩く姿までぎこちなく「下手だな~」と思ったのを良く覚えておりますが。
人気モデルのルックス+高い演技力、このシンプルな取り合わせが難しいのかもしれません。

久松郁実クンのような絶妙な肉付きの美女モデルが演技が出来ておっぱいも披露、
日本映画、寺島し○ぶなど「アンタの裸は見たくない」(そう思うのは私だけだろうか)という人に限ってヌードを披露する傾向が
だからこそ漫画・アニメが盛んなのかも?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

団哲夫

ひっそり生活しつつ
漫画等で小銭稼ぎをしよう
とデジ絵に取り組んでるオッサンです。
リアル「俺はまだ本気出してないだけ」?
それとも…
好きな映画は60~70年代名作洋画
好きな漫画は北斗の拳、シティーハンター、とらぶる
そして成年漫画家のホムンクルス先生
ゲームはファイアーエムブレム、アマガミ・・・
とカオスな取り合わせです。
記事の振れ幅が激しく付き合いづらいかと思いますが
ご感想などあればコメントも歓迎しております。